グルメ

小浜市のオリジナルブランド『酔っぱらいサバ』 - 恵比寿でも堪能できます

スポンサー広告

12月7日(土曜日)あさ9時半にテレビ朝日で放映予定の「食彩の王国第809回」のテーマの食材は『酔っぱらいサバ』です。

若狭の新ブランド“酔っぱらいサバ”

すっかり寒くなったこの時期、一年で最も美味しくなるのが“サバ”です。

古くからの名産地・若狭には、いま全国から注目を浴びるサバがあります。

その名は“酔っぱらいサバ”です。

これは、福井県小浜市のオリジナルブランドの養殖サバ「酔っぱらいサバ」のことです。

酔っぱらいサバは、えさに酒かすを混ぜていることから命名されました。

今年度もその本格出荷の時期を迎えています。

昨年度までは市から委託を受けた漁協が養殖していましたが、今年度からは地元の水産会社が養殖事業を引き受け、年間3万匹の出荷をめざしています。

担当の水産会社では今年の“酔っぱらいサバ”の出荷について、「体長30センチ前後、重さ約300グラムに育ったものを連日50匹のペースで出荷したい。

生臭さがなく、刺し身でおいしく食べられます」と話しています。

東京恵比寿でも味わえる“酔っぱらいサバ”

「上質な高級魚のような味わい」と高く評価するのが、恵比寿「ほねラボラトリー」で創作和食を手がける櫻庭基成郎さんです。

その味わいを堪能する料理を番組で取り上げます。

上品な旨味が味わえる背の身には、梅干しを日本酒で煮詰めた“煎り酒”を。

そしてさっぱりとした脂が乗った腹の身には、磯の香りが引き立つ“海苔酢醤油”を合わせまるそうです。

“酔っぱらいサバ”のこの美味しい七変化が番組で紹介されます。

「ほねラボラトリー 」のコンセプト

櫻庭基成郎さんの店のキーワードは「魚のほね」で、これが旧店名でもあったそうです。

「魚のほね

価値の無いようなものでも見立てによっては価値になる

ある人にとっては 料理となる“魚のほね”

ある人にとっては只のオブジェ“魚のほね”

意味と意義を考えられる言葉として2000年店名に選びました。

今までそこにあったものをアレンジメントにより 新しい命を吹き込む 日本人としてのアイデンティティを料理したい。

そこにジャンルやカテゴリーはありません

“魚のほね”は魚料理 海鮮料理 だけではありません

趣きのある“オモシロさ”を追求するレストランです。

櫻庭 基成郎」

今は「魚のほね」が進化し、 「ワインに寄り添う日本料理」を目標に献立を提供しているそうです。

店舗情報

店名:ほねラボラトリー (【旧店名】魚のほね)
電話:03-5488-5538
住所:東京都渋谷区恵比寿1-26-12 フラット16 3F (JR・日比谷線 恵比寿駅より583m)
営業時間:18:30-23:00 (最終入店20:30)
定休日:日曜・祝日
予約制 (当日予約も承ります)
予算(口コミ集計):¥20,000~¥29,999
サービス料:サービス料10%
料理: コース制(12,000円・16,000円・20,000円以上)
飲物: シャンパン・ワイン・日本酒ほか(ワインペアリングのコースあり)

席数:8席
個室:無
貸切:可
禁煙・喫煙:完全禁煙
駐車場:無
ホームページは>>> ほね
備考:上記HPより24時間オンライン予約がスタートしました

“酔っぱらいサバ”が味わえるその他の店

ここで、番組が紹介するその他“酔っぱらいサバ”が堪能できる店をリストアップします。

【都内で“酔っぱらいサバ”が食べられる店】

店名:SABAR鯖街道 東京銀座店
住所:東京都中央区銀座8丁目3-1 B1
電話:03-6264-5638

【地元で評判の料理宿】

店名:民宿 佐助
住所:福井県小浜市田烏36-47
電話:0770-54-3407

【伝統の“浜焼き”が味わえる店】

店名:朽木屋
住所:福井県小浜市小浜広峰39
電話:0770-52-0187

【京都の絶品“サバ寿司”】

店名:近江家
住所:京都府京都市伏見区深草稲荷御前町82-4
電話:075-641-2009

【サバ料理を一新する“酔っぱらいサバ”フレンチ!】

店名:La Biographie …
住所:京都府京都市中京区衣棚通御池下ル西側(長浜町152)
電話:075-231-1669

“酔っぱらいサバ”、名前を知っただけで日本酒のアテにぴったりという感じです。
しかし、ワインにも合うと聞くと迷いますね。
お酒は和でも洋でも、是非“酔っぱらいサバ”は早く食べてみたいものです。

スポンサー広告