生活

日傘の効果は何で決める?完全遮光の効果と選び方のコツ

日傘を選ぶ上で求めたいことは暑さや紫外線から守ってくれる効果が高いものですよね。日傘には生地そのものが日の光を遮断する性質を持っていたり、紫外線を遮ってくれているものなど日光や紫外線から守るために色々と工夫されています。

色や機能など日傘の種類も多いのでどれを選んだら良いのか迷ってしまいます。 日傘の中でよく見かけるようになったのは「完全遮光」と書かれているもので、高い確率で日光を遮ってくれる効果が期待できるものだと分かります。

光は熱によって伝わるのでこの「遮光」によって紫外線だけでなく、熱(暑さ)を防ぐ効果もあります。完全遮光というのは100%光を通さないということです。

その日傘の機能や効果については、本当に完全遮光してくれるのか、どのくらい紫外線から守ってくれるのかは気になります。 そこで、完全遮光とはどういった意味なのか、日傘の選び方やお手入れ方法について紹介します。

日傘の完全遮光と遮熱、UVカットの効果の関係

売られている日傘の殆どが紫外線(UV)99%カットと書かれています。 紫外線をカットできる仕組みとして布に紫外線吸収剤や紫外線反射剤を染み込ませたり、布の表面に紫外線をカットできるようコーティングされて日傘となります。

sらに近年、日傘で増えているのが「完全遮光」と書かれている日傘で、完全遮光と言うのは紫外線だけでなく赤外線、可視光線などの太陽光線を100%カットしてくれる日傘です。さらに光を遮ることで遮熱効果があり熱を遮ってくれるので涼しく感じさせてくれることです。

一般的な日傘は紫外線吸収剤や紫外線反射剤を染み込ませているだけなので汚れたり摩擦によって落ちて効果も下がってしまいますが、完全遮光の日傘は生地自体が100%遮光効果のある構造になっているので汚れや摩擦によって遮光効果が落ちることがなく、生地が破れない限りは遮光効果をキープできるものです。

完全遮光の日傘とそうでない日傘と比較した実験によると、日を浴びてから15分経って完全遮光の日傘はそうでない日傘よりもマイナス11度から19度も温度が違っているという結果も出ています。

紫外線を遮って日焼けを防止してくれるだけでなく、熱中症の予防にも役立ってくれます。

一般的な紫外線99%カットの日傘でも十分なのではと思われがちですが、一生その効果が続くわけではなく2年から3年で効果が無くなってしまうので一生使えるわけではなく、ムラがあってそこから光が入りやすいのが難点です。

一方、完全遮光は一切の光を通さず、破れない限りは一生使い続けられるので価格は少々高いですが長く使えることを考えると完全遮光はメリットが多いことが分かります。

晴雨兼用で完全遮光の日傘のすすめとお手入れのポイント

日傘は使い続けてると汚れてしまったり摩擦を受けます。 完全遮光の日傘は破れない限り一生使い続けられると言ってもお手入れは必要です。 完全遮光の日傘のお手入れ方法は陰干しで乾かすことです。

汚れが気になる場合は中性洗剤を付けて汚れを落として水気を優しく拭き取って陰干ししましょう。 完全遮光の日傘は生地自体が日光を遮断してくれ、それは水洗いするくらいで遮光効果が効果が減ることはありません。

一般的な日傘は洗えない素材もありますが、完全遮光の日傘は中性洗剤で水洗いしても問題ありません。

しかし晴雨兼用の場合は雨の日も使うことになります。 そのため最初は水をしっかりはじいて撥水性が高いですが、使い続けるとだんだんと撥水効果が落ちてくるので長く使い続けている場合は防水スプレーを全体にスプレーするのも良いです。

折りシワが出来てしまった場合はアイロンをかけると取れます。 アイロンは高過ぎると生地がダメになってしまいますし、低過ぎるとシワが取れないので低温と中温の間くらいの135度くらいの温度に設定して、内側からかけていくのがコツです。

一般的な日傘は拭いたりブラッシングしてお手入れするのに対して、完全遮光の日傘は中性洗剤で洗ってお手入れしても安心なので洗ってスッキリと汚れを落とすことができます。

完全遮光の日傘と効果についてのまとめ

一般的な日傘は紫外線カット率が99%とされていて安価なものも多いので、それで十分なイメージがありますが、完全遮光の日傘は一切の光を通さず、しかも熱を遮断して涼しい効果があります。生地が破れない限りは遮光効果も一生続き、汚れたら中性洗剤で水洗いできるので価格は高いですがメリットが多いことが分かります。

完全遮光の日傘は絶対に紫外線を避けたいというだけでなく、熱中症予防にも役立ちます。最近では女性だけでなく男性も日傘をうまく利用する人も増えています。夏の暑さ対策にも日傘の中でも「完全遮光」と書かれているものが特におすすめです。