便利アイテム

子供が落書き!ボールペンで書いた壁紙をきれいにする方法

目を離した隙に子供はどこにでも落書きをしてしまいます。

鉛筆など消しゴムで消えるものだったらまだ良いですが、ボールペンといった消しゴムで消せないもので落書きをされてしまうとどうやって消せばよいのか悩んでしまいます。

特に賃貸住宅において壁紙にボールペンで落書きをされてしまって途方に暮れてしまってという経験をした方もいるでしょう。

壁紙に書かれてしまったボールペンを色々な方法で消してみたけど思うように消えなかったり、余計に汚れが目立ってしまったりと消す方法は意外と分かっていないものです。

また、壁紙以外にも洋服に書いてしまったり、重要な紙にボールペンで落書きをされてしまって困ってしまったと言う悩みもあります。

そこで、壁紙に書かれてしまったボールペン、洋服に書いてしまったボールペン、紙に書いてしまったボールペンを消す方法を紹介します。

自宅で簡単、服についたボールペンを消す方法

自宅にあるもので、壁紙や服についたボールペンを消す方法を紹介します。

まず、壁紙に書かれたボールペンを消すアイテムとして有効なのが泡タイプの塩素系漂白剤です。キッチン泡ハイターを使ったところ、中央の方に少し跡は残っているけど、ぱっと見ては分からないくらいにまで消すことが出来ました。

ただし、家の壁紙が白以外だと塩素系漂白剤を使うことで壁紙の色が落ちてしまうことがあります。

他にボールペンを落とすのに有効なアイテムとして消毒用エタノール、台所用中性洗剤、重曹、酢が挙げられます。

水性ボールペンだったらガラスクリーナー、歯磨き粉、メラニンスポンジでも消すことが可能です。

壁紙の素材や色によっては汚れが酷くなったり、色が落ちてしまったり傷つけてしまうことがあります。最初に綿棒で使いたい液体を付けて少し擦ってみて落とせるかどうかを確認しましょう。

洋服に付いてしまったボールペンを消す方法は、油性ボールペンの場合は除光液と無地の布2枚もしくはティッシュ、無地のビニール袋を準備します。除光液を服に少しつけて色が変わらないかを確認し、ビニールを敷いてその上に布1枚敷きます。

ボールペンで汚れた部分が下になるように洋服を裏返しにした状態で載せ、除光液を汚れた部分から少しずつかけて、もう1枚の布で服を叩いて落としていきます。叩くことでボールペンのインクが布に溶け出してくれ、落ちやすくします。

叩きながら除光液を加えながらボールペンのインクが染み出さなくなるまで繰り返したら、洗濯をします。

水性ボールペンの場合は汚れた部分を水に濡らし、その上にペーパータオルを置いてインクが浮き上がるのを待ち、何度か繰り返して洗濯をする方法があります。

これで落ちなかったら、汚れた部分にぬるま湯と石鹸を使ってもみ洗いをしてすすぐのを汚れが取れるまで繰り返して洗濯をします。

消すのが正しい?紙に書いたボールペンを消す方法は重要度で選ぼう

紙に書いたボールペン消す方法として「カッターナイフ」「砂消しゴム」「ボールペン専用のインク消し」を使うことです。

まず、カッターナイフを使う方法は刃先を使ってボールペンのインクが染み込んだ部分を除去し、その上から新しく書き直します。紙に穴が開かないように慎重になるのがコツです。

しかし、レポート用紙のような薄い紙は穴が開くので使えず、履歴書や公式の書類の場合は修正した跡が無い綺麗な状態で提出するのがマナーなので、大事な書類にも使えない方法です。

砂消しゴムを使う方法については、紙自体が破けてしまうリスクがあり、紙の表面が毛羽立って修正したことが分かってしまうので履歴書や公式の書類には使えません。

ボールペン専用のインク消しはこれまでの方法の中では一番消しやすい方法です。インクによっても違いはありますが、ボールペン専用と言うこともあるので相性は良いですが、やはり履歴書など大事な書類には使わない方が良いです。

履歴書など修正した跡が残らないような形で出さなくてはいけない場合にはもう一度書き直したり、作り直した方が良く、これらの方法は公式の書類ではない場合に試してみるのが良いです。

場所別ボールペンを消す方法のまとめ

ボールペンには油性と水性があり、落ちにくいのは油性の方です。

壁紙に付いたボールペンを落とすには家庭にあるものが使えます。洋服に付いたボールペンを落とすには叩いて汚れを浮かせ、布に移す。紙に付いたボールペンを落とすにはカッターの刃先で削り取ってその上から書く、砂消しゴム、ボールペン専用の消せるインクが使えて、意外と色々な方法があるのだと分かります。

しかし、紙に書いたボールペンを消す場合はカッターで削ったり、砂消しゴムは失敗しやすく修正した跡が分かってしまったり、ボールペンの消せるインクでも修正したところが見えてしまうので、履歴書や公式の書類で修正できないものに対しては毛羽立ちや紙に穴が開いて失敗したりかえって汚れてしまうのため、大事な書類については無理に消さずに、書き直しや作り直すことをおススメします。