生活

自宅では無理?衣服のカビ取りをクリーニングに頼む時にやること

衣替えの時期に残念な気持ちになるのが、お気に入りの服にカビが生えているのを見つけた時という経験。せっかくの新たな気分も台無しになってしまいますよね。

カビは自宅で普通に洗濯するだけでは除去することが難しく、カビが生えてしまった衣服は捨ててしまうしかないと考えます。特に大事な服だとカビが生えてしまったから捨ててしまうのは惜しく感じ、自宅で洗濯してカビが取れないのならクリーニングで取ってもらえば良いと考えますが、クリーニングでカビ取りをしてもらえるのかどうかも不安です。

また、カビによって自宅の洗濯で落とせる場合もあり、クリーニングに出しても落とすのが難しいこともあり、完全にカビを取ってもらいたいならかなりの費用がかかることも覚悟しなければいけません。

そこで、クリーニングでカビ取りをしてもらう際の料金相場、クリーニング後にカビが生えないようにするためにどのように取り扱うのが良いのかを紹介します。

クリーニングでカビ取りをしてもらう時の料金相場は?

クリーニングでカビを取ってもらう場合はカビの生えている程度によって「ドライクリーニング」もしくは「染み抜き」で対応できます。

衣服のカビの生え方が酷くない場合はドライクリーニングで、カビの生え方がやや酷い場合は染み抜きを行います。しかし、あまりにも衣服のカビが酷く生えている場合は染み抜きでも対応できないことがあります。

料金の相場としてクリーニングの基本料金にプラス数百円から数千円となります。業者によっては無料で染み抜きを行ってくれるところもあり、その場合は追加料金はかかりません。クリーニングに出す際に「カビの除去をお願いしたい。」と一言添えると、クリーニングの目的がわかりトラブルを回避できます。

カビの生え方が酷いとプラスされる料金が高くなる傾向があります。また、シミ抜きでカビを取るのが難しい場合は服の色素を抜いてピンポイントで再染色してもらうような職人さんにやってもらう技で対応してもらう必要があり、そうした方法を行う場合は10万円以上の高額費用が必要となります。

業者によっても値段が異なるため具体的な数字を出すのが難しいですが、トレンチコートの全体的な染み抜きでクリーニング込みで約8000円といった1万円近い値段を請求される可能性もあります。

クリーニングをして比較的落ちやすいカビは「白カビ」です。スーツのジャケットやウールのコートに付きやすいカビで、白カビは普通のクリーニングだけでも落とすことが出来るケースもあり、追加料金がいらない可能性があります。

一方ワイシャツやブラウスに発生することが多い「黒カビ」だと普通のクリーニングだけでは落とすことができず、通常のクリーニング工程にプラスして「色かけ」という余分に工程が必要となり、お金がかかり、衣服によって異なりますが通常のクリーニング料金とプラス数千円から数万円余分にかかることがあります。

そのためカビの状態や業者によっても値段は異なりますが、カビが酷ければプラスの工程が必要なので数万円以上かかることもあり、追加料金が高くなる傾向があると言えます。

繰り返さない!クリーニング後にカビを生やさないための取扱い方

せっかくクリーニングに出してドライクリーニングや染み取りをしてもらっても、その後の保管状態によってはカビを生やすリスクを高めてしまいます。
そこで、クリーニング後にカビを生やさないための取り扱い方を紹介します。

クリーニングから戻ってきた後は衣服にビニールのカバーがかかった状態で返ってきますが、このカバーは自宅に帰ったらすぐに外す必要があります。

カバーはホコリよけにもなりそうだし、汚れないためにも外さない方が良いのではと思われがちですが、このビニールのカバーを付けっぱなしにすると湿気が溜まってカビの温床になってしまう可能性があります。

ビニールのカバーを付けたままタンスや押し入れに保管するとせっかくクリーニングをした状態でも、湿気によってカビが発生するリスクを高めるので、クリーニング後のカビを予防するにはビニールカバーをすぐに外すことが大切です。

ビニールカバーを外した後すぐにタンスや押し入れにしまわずに、しっかりと乾燥させてからしまうのもカビの発生を防ぐ大切なポイントです。このひと手間が、次に着るときに気持ちよく袖を通せるかにつながりますので、面倒くさがらずにしっかりと手入れしましょう。

カビの好む湿気を除去して乾燥させた状態で保管することがカビの発生を抑制する効果が期待できます。

衣服にカビが発生したときのクリーニングについてのまとめ

衣服のカビは白カビで軽い状態なら通常のクリーニングで追加料金なしで行える可能性がありますが、黒カビだったりカビの状態が酷くなればなる程通常のクリーニングの工程だけではカビを除去することができないので、通常のクリーニング料金にプラス数百円から数万円かかってしまいます。

カビの状態があまりにも悪いとクリーニングで対処できず、職人の技が必要となりそうなると数十万円はかかってしまうので、衣服のカビの状態によって値段の幅に開きがあることが分かります。

また、クリーニング後にカビの発生を予防するにはかかっているビニールカバーをすぐに外し、しっかりと乾かしてからしまうことが必要です。

カビを取ってもらうためにクリーニングに出す前にどのくらいの値段がかかるのかを見積もりにして出してもらうと安心でしょう。