生活

「Amazon Pay」実店舗でQRコード決済 - アマゾンもスマホ決済参入 – 日本のキャッシュレス化進む

 

ネット通販で世界最大手のアマゾンが実店舗で利用可能なスマートフォン決済を始めました。

アマゾンジャパンは、都内や福岡県の飲食店など数十店舗でスマホ決済のサービスを8月29日にスタートしました。

アマゾン直轄店舗以外でスマホ決済を広く導入するのは日本が初めてだそうです。

また、「Amazon Pay」では通常、店舗側が負担する決済手数料は2020年末まで無料としました。

「Amazon Pay」のスマートフォン決済:福岡・東京からスタート

2018年8月29日、米ネット通販大手アマゾン・ドット・コムの日本法人、アマゾンジャパン(東京都目黒区)は、実店舗でスマートフォン決済を開始したと発表しまいた。

アマゾンが自社以外の実店舗でスマホ決済を提供するのは世界で初めてだそうです。

アマゾンジャパンはID決済サービス「Amazon Pay」の実店舗でのスマートフォン決済を福岡・東京から開始したことを明らかにしました。

キャッシュレス・ソリューションを提供するNIPPON PAY(ニッポンペイ、東京都品川区)が無料で店舗にタブレットを配布します。

利用者は、スマホにダウンロードしたアマゾンのショッピングアプリでQRコードを表示し、店舗側のタブレットでそれを読み取り、決済できます。

アマゾン会員はアプリをダウンロードするだけ

アマゾン会員で、通販サイトでクレジットカードを登録している人は、IDをそのまま利用できます

会員は、アプリをインストールして3回クリックすれば、クレジットカードでの支払いができます。

不正利用を防ぐため、QRコードは30秒ごとに更新されます。


店舗側は、2018年12月末までに「アマゾンペイ」の利用とニッポンペイのタブレットのレンタルを同時に申し込めば、通常は3.5%かかる決済手数料が2020年末までかからない仕組みです。

当面は、レジの更新が進んでいない中小店舗をターゲットとするそうです。

「Amazon Pay」は開始3年目で実店舗での決済を可能に

AmazonのID決済サービス「Amazon Pay」は2015年に日本での事業を開始されました。

今までもAmazon以外のECサイトでも、Amazonアカウントを使って買い物ができるサービスとして利用されてきました。

提供開始から約3年で導入ECサイトは数千社を超えるようです。

そこで、これまでのオンラインからチャネルの幅を広げていくため実店舗でのスマートフォン決済を、この度福岡市と東京都から開始した次第です。

日本のキャッシュレス化に拍車をかける?

スマホ決済をはじめ電子決済は楽天やLINEが既に導入、メルカリやソフトバンクも独自技術で参入を計画するなど、顧客の囲い込みを狙った提供も急速に増えてきています。

その中で、「ネット界の巨人」と呼ばれるアマゾンの参入で国内におけるキャッシュレス化が大きく進む可能性があります。

ますます日本のキャッシュレス化、「脱現金」が進展するのは間違いないようですね。

あわせて読みたい
QRコード決済に注目 - キャッシュレス化に政府が後押し - 日本の「脱現金」の行方 政府はモノやサービスの決済の電子化(キャッシュレス化)を進めるための支援に乗り出すことを明らかにしました。 その中で、モザ...
あわせて読みたい
Amazonの支払い方法で分割払いが可能に。でもクレジットカードの手数料に気をつけて!これまでAmazonでの買い物は一括支払いしかできませんでしたが、この度「分割払い、リボ払い」の対応を始めたようです。使えるのは「クレジ...