好評すぎて4月も延長!史上最安値!!


気になったらGO⇒杏{あん}の体験談へ
————————————————————

ベビーベッドは必要?メリット・デメリット・使用期間や選び方。

こんにちわ、杏{あん}です!

今回はベビーベッドについて書いていきます。

産前準備をしているとベビーベッドどうしよう・・・と悩んでいる

プレママプレパパも多いのではないでしょうか?

でもベビー用品の中ではかなり上位にランクインされるほど高価。

モノが大きいので出産祝いにもらえそうもない、

そもそもうちにはベビーベッドが本当に必要なのか?とぐるぐる

頭の中であれこれ考えてしまいますよね。

悩めるプレママのお力になれるように以下に

ベビーベッドについて書いていきます。

  • 本当に必要ですか?
  • ベビーベッドのメリット/デメリット
  • ベビーベッドの選び方

スポンサードリンク

<本当に必要ですか?>

まずは赤ちゃんが産まれて、退院して生活を始めるご自分の家に

ベビーベッドが本当に必要不可欠なものかを考えてみましょう。

平均して1~2万円もする決して安いものじゃありませんからね。

第2子目以降の方

既にお兄ちゃんお姉ちゃんがいるお家はその上の子の性格などを

考慮して考えてみましょう。

  • 年が近くてわけもわからずいじくりまわしそう
  • ママが取られた!と嫉妬してイジワルをしそう
  • 小さい子のお世話大好きで勝手に抱っこしようとしてヒヤヒヤしそう

上の子優先!とどの育児書、サイトでもうたっていますが、

まずは小さな赤ちゃんの安全が第一優先です。

その他の安全面、衛生面からいうと、

  • 室内飼いのペットが部屋の中を歩いている
  • 掃除が行き届いてなくて床にホコリが溜まっている

このような環境の方もベビーベッドが安全かもしれません。

パパとママがベッドで寝ている

寝室でベッドで寝ているご夫婦も多いかと思います。

同棲を始める時に買ったセミダブルのベッドに仲良く寝ている!

という夫婦も多いのではないでしょうか。

赤ちゃんと大人2人がセミダブルでギュウギュウ寝る・・・というのは

現実的ではありません。

落下防止の為や個人の空間確保の為に一緒に寝るのではなく、

ベッドの横にベビーベッドを置いて寝るのが安心ですね。

しかしこれはこれからデメリットにも記載しますが、

夜中のお世話はほぼママになるでしょう。

その際に、毎回立ち上がってベビーベッドから抱き上げて

授乳させたりおむつ交換をしたりは寒い時期にはかなり億劫になります。

先輩ママさん達の声を聞いても圧倒的に添い寝が楽!となっています。

そして添い寝はやっぱりお布団で、なんですよね。

ですので出産前のこの機会に、ベッド生活からお布団生活に

思い切って変えてしまうというのもママの助けになると思いますよ!!

上記に記載したように、一人目のプレママさんは特別な理由がない限り

個人的に産前準備する必要はないと思っています。

赤ちゃんが小さいうちはペットをケージに入れる、

赤ちゃんがいる部屋だけは掃除を頑張る!などで対策できますしね。

上に年の近い兄弟児がいる場合は、ベビーベッドを検討してみても

いいかもしれません。

<ベビーベッドのメリット/デメリット>

ベビーベッドを使用した際のメリット/デメリットを挙げてみますので

参考にしてみてください。

メリット

上の子、ペットからの安全が確保される

ホコリなどの影響を受けづらい

目の届くところに置いておける安心感

ベビーベッドの下のスペースを赤ちゃん用の収納にできる

きちんとロックをかければ寝返りしても大人用ベッドより落下の心配がない

デメリット

価格が高い

部屋のスペースをかなり使用する

直射日光が当たる場所や大きな家具の近くを避けたり場所を選ぶ

夜中のお世話に移動が必要なので大変

使用期間が短い(寝返りやつかまり立ちをするようになると嫌がる子が多い)

使用後の保管場所に困る

そもそも赤ちゃんが嫌がって使ってくれないかもしれない

スポンサードリンク

<ベビーベッドの選び方>

まずは赤ちゃんの安全を守ることが最優先なので、

安全基準のシールやマークがついているものを選びましょう。

そしてベビーベッドにはおおまかに2種類サイズがあります。

  • ベーシックなサイズ・・・内寸120×70センチ
  • ミニサイズ・・・内寸90×60センチ

ミニサイズはお部屋の必要スペースは少なくて済みますが

寝返りできる(動ける)スペースが小さいためその分使用期間も短くなります。

その他、扉の開く位置や向きだったりカラーなんかは各家庭お好きなものを

選んでもらっていいと思います。

ベビーベッドを使用したいと思ってはいるけれど、

赤ちゃんがそこで寝てくれるかわからない、

高いものだし慎重に考えたい、という方はレンタルもおススメです。

レンタルしてみて、ママや家族、赤ちゃん本人にとってベビーベッドが

必要かどうか見極められるのが最大のメリットです。

使用期間は短い子がほとんどなので最初から購入することは頭になく

レンタルで済ます先輩ママも多いと思いますよ!

相場は月に約1,000~2,000円程なので購入するよりは気軽に試せますね!

その際もお部屋のスペースを考えてからサイズを選びましょう。

というわけでベビーベッドについて書いてみました。

間を空けずに次の子も考えているプレママさんなら

購入してしまっても十分元は取れるかもしれませんね。

最近はベビーベッドを使わなくなった後に、子供のベンチにしたり

机にしたり、本棚にしたり様々なDIYでリメイクしてる方も

いらっしゃるのでそんな楽しみ方も素晴らしいですよね!!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


★あなたにおすすめの記事★