英語

イーグルスがマイケル・ジャクソンを抜く – 全米アルバム売上

スポンサー広告

 

 

♠「イーグルス:グレイテスト・ヒッツ」がベストセラーに返り咲く

全米レコード協会(RIAA)は、米ロックバンド、イーグルス(The Eagles)の初期ベスト盤「イーグルス:グレイテスト・ヒッツ1971-1975The Eagles: Their Greatest Hits 1971-75)」の米国内の累計販売数が3800万枚に達し、マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)の「スリラー(Thriller)」(1982年)の3300万枚を抜いてアメリカ史上最も売れたアルバムになったと発表しました。

このアルバムは、イーグルスの初期4アルバムの作品からセレクトされた曲を収録したものでした。

長期にわたってこのアルバムは首位に君臨していましたが、マイケル・ジャクソンが急死した2009年に爆発的に売れ行きが伸びた「スリラー」に抜かれていました。

また、イーグルスの別のアルバム「ホテル・カリフォルニア(Hotel California)」(1976年)も2600万枚のセールスを記録し、全米3位となっていることから、アメリカでのイーグルス人気が絶大なものであることが良く分かります。

♣新統計方式 - ストリーミングもカウントする

注意しなくてはならないことに、最新ランキングは、ディスクとストリーミングの両方の販売を合わせたものとなっています。

米情報誌ローリング・ストーン(Rolling Stone)によれば、ストリーミングを加えたイーグルスの販売数は2006年から統計がなかったそうです。

RIAAのプラチナ認定は以前、純粋に100万枚のフィジカル・アルバム/シングルの売り上げをカウントしてきました。

しかし、2013年に変更されてからは、YouTubeSpotifyなどのデジタル音楽サービスのストリーミングもカウントするようになり、現在は1,500回のオーディオ/ビデオ・ストリーミングが1アルバム・ユニットとしてカウントされるようになりました。

また、アルバムから10曲ダウンロードされても1ユニットと数えるようになっています。

♥グレン・フライ亡き後もツアー続ける

イーグルスは1971年にロサンゼルスで結成され、1980年に活動を一旦停止しましたが、1994年にオリジナルメンバーのドン・ヘンリーとグレン・フライを中心に再結成されました。

2016年にグレン・フライが死去してしまいましたが、息子のディーコン・フライがメンバーに加わり、現在もツアーを行っています。

♦世界のアルバム売り上げランキングは?

ここで、世界的なアルバムの売り上げの枚数のランキングが気になりますが、各国の集計方法などが統一されていないため、正確な数値を得るのは不可能に近いそうです。

そこで、様々な工夫のもと、「洋楽情報サイト ミュージック・ボックス」(http://the-musicbox.net/sekaidemottomouretaalbum.html)が推測する世界の売上トップのアルバムをラインアップして見ます。

1.ThrillerMichael Jackson(マイケル・ジャクソン) 11000 

2.The Dark Side of the MoonPink Floyd(ピンク・フロイド) 4500 

3.Their Greatest Hits (1971–1975)Eagles(イーグルス) 4200 

4.Back in BlackAC/DC(エーシー・ディーシー) 4000 

5.The Bodyguard Whitney Houston / Various artists(ホイットニー・ヒューストン等)4000 

6.Saturday Night Fever Bee Gees / Various artists(ビー・ジーズ等) 4000 

7.Rumours Fleetwood Mac(フリートウッド・マック) 4000 

8.Come On OverShania Twain(シャナイア・トゥエイン) 3900 

9.Led Zeppelin IVLed Zeppelin(レッド・ツェッペリン) 3700 

10.Bat Out of HellMeat Loaf(ミート・ローフ) 3400 

11.Jagged Little PillAlanis Morissette (アラニス・モリセット) 3300 

12.Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club BandThe Beatles(ビートルズ) 3200 

世界的にはまだまだマイケル・ジャクソンの「スリラー」がダントツトップの売り上げを記録しているようですね。

Michael Jacksonは、さすがに「King of Pop」ですね。

 

スポンサー広告