アーティスト

アメリカ中間選挙2018の情勢としくみをテイラー・スウィフトさんから学ぶ

アメリカの中間選挙においてアメリカのポップ歌手テイラー・スウィフトさんのインスタグラム上の発言が多くの有権者の関心を集めました。
現在、アメリカは11月6日に行われる中間選挙に向けてかなり、盛り上がっていますがそこで彼女が現トランプ大統領の反対政党「民主党」への支持を表明しています。

 

View this post on Instagram

 

I’m writing this post about the upcoming midterm elections on November 6th, in which I’ll be voting in the state of Tennessee. In the past I’ve been reluctant to publicly voice my political opinions, but due to several events in my life and in the world in the past two years, I feel very differently about that now. I always have and always will cast my vote based on which candidate will protect and fight for the human rights I believe we all deserve in this country. I believe in the fight for LGBTQ rights, and that any form of discrimination based on sexual orientation or gender is WRONG. I believe that the systemic racism we still see in this country towards people of color is terrifying, sickening and prevalent. I cannot vote for someone who will not be willing to fight for dignity for ALL Americans, no matter their skin color, gender or who they love. Running for Senate in the state of Tennessee is a woman named Marsha Blackburn. As much as I have in the past and would like to continue voting for women in office, I cannot support Marsha Blackburn. Her voting record in Congress appalls and terrifies me. She voted against equal pay for women. She voted against the Reauthorization of the Violence Against Women Act, which attempts to protect women from domestic violence, stalking, and date rape. She believes businesses have a right to refuse service to gay couples. She also believes they should not have the right to marry. These are not MY Tennessee values. I will be voting for Phil Bredesen for Senate and Jim Cooper for House of Representatives. Please, please educate yourself on the candidates running in your state and vote based on who most closely represents your values. For a lot of us, we may never find a candidate or party with whom we agree 100% on every issue, but we have to vote anyway. So many intelligent, thoughtful, self-possessed people have turned 18 in the past two years and now have the right and privilege to make their vote count. But first you need to register, which is quick and easy to do. October 9th is the LAST DAY to register to vote in the state of TN. Go to vote.org and you can find all the info. Happy Voting! 🗳😃🌈

Taylor Swiftさん(@taylorswift)がシェアした投稿 –


Vote.orgによれば、この民主党支持の影響で新規に「有権者登録」をした人が65,000人と急増し、そのうちテイラー・スウィフトさんの地元テネシー州の新規有権者登録が2,144人となったということです。10月にテネシー州で新規登録をした人が5,183人でその半分がこの発言で登録をしたことになります。(9月新規は2,811人)
Vote.org:有権者登録率を向上させるための専門調査員・有権者団体による非営利団体。

テネシー州での有権者登録は10月9日までとなっていて、テイラー・スウィフトさんの表明(10月7日)で多くの人が選挙への関心をみせ“駆けこみ登録”をした可能性があるとみられています。
中間選挙では大統領選挙に比べて投票率が下がる傾向にあり、テイラー・スウィフトさんのファン層の若者に対して政治(選挙)に対する関心を高めたことは間違いありませんね。

現在、テネシー州では上院に共和党(定数1)、下院は9議席のうち民主党が2議席、共和党が6議席となっています。

今回の中間選挙でテネシー州の上院と下院はすべてが改選されます。アメリカ全体で上院の改選は民主党議員の改選数が多くなっているため(26議席/35議席)、最低でも26議席を死守した上で2議席以上を民主党がとらなくては形勢が逆転しません。

>>> 詳しく知るなぜ?トランプ大統領が躍起になるアメリカ中間選挙と予想

このテイラー・スウィフトさんの発言の影響がどこまで及ぶか興味深いところです。(上記Instagramでは上院、下院共に民主党議員に投票することを表明しています。)
ちなみにテネシー州の上院議員にはクリントン元大統領時代の副大統領アル・ゴア氏(民主党1985年-1993年)がいました。

アメリカ選挙制度からみる中間選挙と有権者登録とは?

テイラー・スウィフトさんの

October 9th is the LAST DAY to register to vote in the state of TN. Go to vote.org and you can find all the info. Happy Voting! 🗳😃🌈(有権者登録をして選挙に参加しよう!)

との呼びかけで、実際に多くの人が有権者登録をして今回の中間選挙に関心を寄せました。
ここで「有権者登録」というのが盛んにでてきますが、日本の選挙では聞き慣れないこの言葉。なんなのそれ?ということで簡単にアメリカの選挙について見てみます。

アメリカは選挙/投票では有権者登録が第1歩

アメリカでは選挙で投票できる年齢は18歳(州により違う)ですが、この年齢になったからといって自動的に選挙権がもらえるわけではありません。厳密にいえば選挙権はありますがそれを行使するためには“有権者登録”をして選挙への意思を表明する必要があります。(日本では自動的に登録されて選挙前に封筒が送られてくる)

一度登録をすれば生涯有権者として投票はできますが、州を変わると登録をやり直さなければなりません。これは州によって選挙運営のルールが異なるためです。(今は複数の州で引き継げるようになっています)多くの州では選挙が行われる2~3週間前までに有権者登録をすることになっています。
さらに多くの州で有権者登録をする時に支持政党を表明することになっています。

アメリカ中間選挙の情勢2018

中間選挙まで1カ月となりその情勢が気になるところですが、現在(10月8日)のところ上院は共和党、下院は民主党が過半数を占めるとの見方が大方の予測です。
選挙予測専門サイト「FiveThirtyEight/538」によれば下院で民主党が過半数(218議席)以上を占める確率は78.3%、現在206議席が民主党でほぼ確実とみられていて、45議席が勝敗のカギを握る状況です。

また上院は共和党の優勢が濃厚で、共和党が過半数を占める確率は80.1%となっています

ちなみにテイラー・スウィフトさんの地元テネシー州では、もともと共和党の地盤が強いところで2016年の大統領選挙のときは60.7%の得票率でトランプ大統領が勝利しています。クリントン大統領政権時代はアル・ゴア氏が上院議員に選出されていることもあり、今回ももしかしたら共和党が敗れる可能性があります。

最近の世論調査では、トランプ大統領の政策を全面的に支持する共和党議員より、民主党の議員に好意的な有権者登録者が52%もいることが示されています。

少なからず日本にも影響するアメリカの中間選挙とアメリカの政治や世論にますます目が離せない!11月6日の中間選挙の結果に注目です。