ニュース

日本のパスポートがランキング1位!渡航先ビザなしで行ける国、必要な国2018

毎年発表される「パスポートの強さランキング」で2018年は日本がNo1最強パスポートとなりました。

このパスポートランキングはイギリスのコンサルティング会社Henley&Partnarsが発表しているランキングで、基本的に「ビザなしで行ける国の数」によってそのランキングが決められています。
※ランキングはIATA(国際航空運送協会)のデータに基づき、199カ国のパスポートでビザなしでいける国(到着時ビザ、電子ビザを含む)をスコアで表したもの。

日本1位のパスポートのランキングとトップ10(2018)

それによると日本はビザなしで行ける国(観光で日数制限あり)の数は190カ国と最多。2位の昨年まで1位のシンガポールは189カ国で2位になりました。

(Henley & Partnersサイトより)

1位:日本 190カ国
2位:シンガポール 189カ国
3位:ドイツ/フランス/韓国 188カ国
4位:デンマーク/フィンランド/イタリア/スウェーデン/スペイン/ 187カ国
5位:ノルウェー/イギリス/オーストリア/ルクセンブルク/オランダ/ポルトガル/アメリカ 186カ国
6位:ベルギー/スイス/アイルランド/カナダ 185カ国
7位:オーストラリア/ギリシャ/マルタ 183カ国
8位:ニュージーランド/チェコ 182カ国
9位:アイスランド 181カ国
10位:ハンガリー/スロベニア 180カ国

199位までのランキングは>>> Henley Passport Index 2018

日本がビザなしで行ける国とビザが必要な国は渡航前に確認が大事!

日本がビザなしで行ける国は190カ国とわかったのですが、逆にビザが必要な国は行く前に手続きが必要です。その必要な国は現時点で36カ国となっています。

意外なところでロシアは必要なんですね。またアフリカではビザの他に予防接種の履歴を提示するところも多いので、必ず事前に各大使館に確認しましょう。またビザの申請は各駐日外国大使館で行えますので確認してください。申請が予約制のところや発行に時間がかかるところもあるので、早めの手続きをおすすめします。

>>> 外務省 駐日外国公館リスト

>>> 外務省 海外安全ホームページ

ビザ以外で気をつけたい入国の準備:電子渡航認証システム

ビザなしで行ける国が多い日本のパスポートには感謝ですが、そのビザなしでも入国に必要な手続きがあります。

それが「電子渡航認証システム」です。これはセキュリティの一環としてすでにアメリカ(ESTA)、カナダ(eTA)、オーストラリア(ETA)で導入されています。また2020年からはEU(ヨーロッパ)諸国のシェンゲン協定加盟国でも同様の電子旅行認証(ETIAS)が必要となります。
すべてオンラインで申請できます。詳しくは、

>>> 米国渡航者のESTA申請

>>> カナダ渡航者のeTA申請

>>> オーストラリア渡航者のETA申請

>>> ヨーロッパ諸国シェンゲン協定加盟国ETIAS説明・申請

日本のパスポート申請について

2018年最強の日本のパスポートですが、申請は各都道府県となっています。

(外務省サイトより)

詳しくは >>> 各都道府県パスポート申請窓口

また、次期パスポートの申請から日本のパスポートのデザインが一新します。表紙ではなく中の冊子の部分が葛飾北斎の「冨嶽三十六景」となることに決定しました。(外務省)2020年の東京オリンピックを意識して2019年の申請から導入を目指したいとのこと。

世界も日本もどんどん変化してますね!そうだ、パスポートをもって旅に出よう!!