英語

日本語のパンツは米語のpants?英語のpants?どっちと同じ?

スポンサー広告

イギリス留学中のあるアメリカ人大学生が、同級生達に、米国での学生生活を説明していました。

ある日、授業に遅刻しそうになったので、校庭の塀を越えて近道しようとしたところ、塀を登りきったところで、何かにひっかかり、pantsが破れてしまったというエピソードでした。

その時、英国人の友達が「trousersを破らないで、どうやってpantsだけを破ったの?」と、真顔で聞いてきたそうです。

ご想像のとおり。英国ではpantsは男の下着で、ズボンはtrousers米国では男がpantsの下にはくのはshorts, briefs, trunks, 等

米国でもtrousersは通用しますし使われることはありますが、随分あらたまった言い方になるようです。

では、日本のパンツはどっちを指すのでしょうか?悩みますよね。

私も自信がないのでウィキペディアで調べたところ、びっくりしてしまいました。

「……どちらの意味で使われているかは文脈などから判断しなければならない。日本国内ではズボンを「パンツ」(平板型アクセント)、下着を「ンツ」(頭高型アクセント)と発音して区別したり、下着のパンツを特に「アンダーンツ」と発音したりする(各太字はアクセント核)。」

日本人はこんな難しいことをたかがズボンと下着を区別するためにやっているのですね!

しかし、考えてみれば、よく「箸」「橋」「端」が区別できるように発音に気を付けるように言われましたね。

同じ単語の米語と英語との意味の区別より、日本語のことばの発音の区別の方がよっぽど難しいようです。

 

スポンサー広告