おでかけ

国立科学博物館 特別展 明治150年記念 「日本を変えた千の技術博」2019 年3 月3 日まで開催

明治150年を記念して、日本の科学史に輝く発明・発見やくらし・産業を変えた技術を紹介する博覧会「日本を変えた千の技術博」が、2018 年10 月30 日(火)~ 2019 年3 月3 日(日)の期間、東京・上野の国立科学博物館で開催されます。

博覧会では、明治から平成に至るまで、日本を変えた科学技術に焦点を当て、 ストーリーやキーパーソン、製品・部品、文書、写真資料などを一堂に集めて紹介されます。

日本の科学技術の歩みを振り返り、その強みや面白さにスポットライトを当てることにより、科学・技術の未来を展望することもできる企画となることが期待されます。

600を超える貴重な科学・技術の遺産

明治改元から150年、そして2019年に予定される改元を前に、時代が転換するこの機会にあわせて日本を大きく変えていった科学・技術の成果が一堂に集められました。

日本各地の大学・研究機関や企業などから、600を超える点数の貴重な科学・技術の遺産が上野の国立科学博物館に大集合しました。

中でも、「重要文化財」や「化学遺産」、「機械遺産」、「情報処理技術遺産」、「でんきの礎」、「未来技術遺産」に認定された約40点の資料は特に注目されています。

世界に誇る科学・技術をつくり出した人物や世の中との関係にまつわるエピソードを多数取り上げ、わかりやすく解説されているようです。

新しい技術に接した時の人々の驚きや、当時の世相などの紹介もあります。

また、普段非公開やなかなか公開されない研究機関や企業の所蔵品が本展では一同に集結し多数展示されています。

明治150年を記念する展示として、国立科学博物館が所蔵する明治天皇やエジソンゆかりの資料を特別に公開しています。

現代の生活のルーツをたどる技術の数々

博覧会「日本を変えた千の技術博」は、明治時代の幕開けとともに、西洋技術が日本に大きな驚きと改革をもたらし、人々の暮らしが変化する様子を紹介するところから始まります。

それらの最新技術は、暮らしのみならず、産業や農業、街づくりやコミュニケーションまで、現代の私たちが生きる生活システムの基礎となりました。

その中でも、とくに注目したいのが、かの有名な発明王・エジソンが明治天皇に献上した蓄音機「エジソン クラスM」です。

「エジソン クラスM」所蔵:国立科学博物館

普段は見られない当時のままの技術を、ぜひご自分の目で鑑賞してみたくなります。

明治維新で科学・技術も一新

日本は明治維新により立憲政治や議会政治を西洋から導入し、政治・経済システムを大きく変えました。

これは、西洋技術を積極的に導入し、産業構造を大きく変え、変革に沿った新しい教育体制を構築していくなど、科学・技術が日本の社会システムを「一新」していくことでもあったのです。

時刻制度や度量衡、そして貨幣価値が変わる。 西洋技術の導入による大変革は、多くの国民にとってまさに驚きと戸惑いだったことでしょう。

このような明治時代の日本人と西洋技術の出会いがどのような驚きをもたらしたのかを紹介するところからこの展覧会が始まります。

「電気扇」 所蔵:国立科学博物館

続いて、人々の暮らしや機械産業、化学産業、農業、街づくり、そしてコミュニケーションなどの分野における日本を変えた科学・技術について、重要文化財や多数の技術遺産を含む600点を超える貴重資料のほか、科学者・技術者の発明・発見にまつわる出来事や世相、関連する写真などを交えて、紹介しています。

明治元年から満150年の節目となる今年、「日本を変えた千の技術博」を見て、私たちの社会を支えている日本の科学・技術のすばらしさや強みを知り、新たな科学技術を生み出す刺激となるのも主催者の願いでもあるようです。

展覧会では「デザイン」にも注目

日本の科学や技術の発展を示す今回の展示品は、重要文化財に指定されているものや化学遺産、機械遺産など、注目すべきものが目白押しです。

また、今回の展覧会では「デザイン」にも注目しています。

高度成長期に世界で初めてロータリーエンジンを搭載した量産車として作られたスポーツカー「コスモスポーツ」や、明治時代に普及した電話機「デルビル電話機」など、当時の最先端に輝くデザインは、現代の私たちにもその驚きとワクワクを追体験させてくれます。

日本で初めて音を記録・再生した器械「蘇言機」をはじめ、世界初のクオーツ式腕時計「セイコークオーツアストロン 35SQ」や、レーダーや電子レンジ発明の元となった「分割陽極マグネトロン」など、現代において当たり前に普及している製品の源流を見ることができます。

技術の未来についても

2019年の改元を目前にしたこの機会に、現代の私たちの生活を支える技術がどのように生まれ、変遷してきたかを知り、さらに日本の技術がどのように未来へ向かっていくか、少し立ち止まって考える良いチャンスのようです。

考えてみれば、明治元年から満150年の節目の今日、我々の手のひらに乗るスマホの中には、電話機、カメラ、時計、蓄音器、などなど、それぞれ150年前の日本人には想像もできなかったような機器が詰まっている訳ですね。

全て一つ一つ開発者が懸命に作りだした技術に基づいたものだと思えば、これから150年後の世界にはどのような技術が使われているか、想像したくなりますね。

「日本を変えた千の技術博」を見て、過去のことを学ぶだけではなく、未来について考える良いきっかけにもなりそうです。

国立科学博物館 特別展 明治150年記念 「日本を変えた千の技術博」概要

会期:2018年10月30日(火)~ 2019年3月3日(日)
観覧料:当日一般・大学生:1600円、小・中・高校生:600円
※未就学児は無料。
※障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名様は無料。
※本券で本展を観覧された方は、同日に限り常設展(地球館・日本館)もご覧いただけます。
開館時間:午前9時~午後5時
※金曜日、土曜日、10 月 31 日(水)、11 月 1 日(木)は午後 8 時まで
※入場は各閉館時刻の 30 分前まで。
休館日:毎週月曜日、12月28日(金)?1月1日(火・祝)、1月15日(火)、 2 月 12 日(火)
※ただし 12 月 24 日(月・休)、1 月 14 日(月・祝)、2 月 11 日(月・祝)、2 月 25 日 (月)は開館。
会場:国立科学博物館(東京・上野公園)
住所:〒110-8718 東京都台東区上野公園 7-20
交通:JR「上野」駅(公園口)から徒歩5分
東京メトロ銀座線・日比谷線「上野」駅(7番出口)から徒歩10分
京成線「京成上野」駅(正面口)から徒歩10分
※駐車場および駐輪場はございません。