おでかけ

プリンセスの私服?映画「シュガーラッシュ:オンライン」総出のプリンセスが気になる!

スポンサー広告

日本で2018年12月21日に公開された、ディズニーアニメ「シュガーラッシュ:オンライン」は、2012年の「シュガーラッシュ」の続編です。

その映画の中で特に話題となっているのが歴代ディズニーアニメ映画に登場したプリンセスが総出演していることです。その数なんと14人!なぜそんなに多くのプリンセスが登場するのかは映画をみてのお楽しみですが、そのプリンセスがどの映画の人物かをディズニー映画を思い返しながら観てみるのも楽しみがあります。

また映画の中には原題「Ralph Breaks the Internet」というように、今世界中で利用され認知されているインターネット企業がでてきたりと、ディズニーアニメとネットをうまく融合させた描写になっています。

ちなみにこの「シュガーラッシュ:オンライン」は2019年のゴールデングローブ賞アニメ映画賞(Best Animated Feature Film)にノミネートされています。

「シュガーラッシュ:オンライン」のプリンセスとメッセージ

たくさんのプリンセスが登場する場面は主人公の少女ヴァネロペが、ディズニーの公式サイト「OH MY DISNEY」を訪れ、ある部屋に迷い込むシーンで登場します。ここではつい華やかなプリンセスに目が行きがちですが、会話や映像にはこの映画のメッセージが込められている重要な場面でもあります。

なんといってもプリンセスの普段着がでてくるのがおもしろい!華やかで憧れのプリンセスにも葛藤や悩みがあるのが“シンデレラ”ストーリーではないリアルさに気づかせてくれます。

実は前作「シュガーラッシュ」の最後にも“プリンセス”と関わることがストーリーとして登場していて、これらの作品を通してみると、そのメッセージ性がよくわかります。
では、この映画に登場する14人のプリンセスをご紹介します。声優は原作の日本語吹き替えをやった声優がそのままというのが多いですね。

歴代プリンセスと作品、声優

シンデレラ 「シンデレラ」(1949年)鈴木より子
オーロラ 「眠れる森の美女」(1959年)すずきまゆみ
アリエル 「リトル・マーメード」(1991年)小此木まり
ベル 「美女と野獣」(1991年)平川めぐみ
ジャスミン「アラジン」(1992年)麻生かほ里
ポカホンタス 「ポカホンタス」(1995年)土居裕子
ファ・ムーラン「ムーラン」(1998年)すずきまゆみ
ティアナ 「プリンセスと魔法のキス」(2009年)鈴木ほのか
ラプンツェル「塔の上のラプンチェル」(2010年)中川翔子
メリダ 「メリダと恐ろしの森」(2012年)大島優子
アナ「アナと雪の女王」(2013年)神田沙也加
エルサ「アナと雪の女王」(2013年)松たか子
モアナ「モアナと伝説の森」(2017年)屋比久知奈

「シュガーラッシュ:オンライン」基本情報/主題歌

日本題:シュガー・ラッシュ:オンライン 公式サイト
原題:Ralph Breaks the Internet
監督:リッチ・ムーア「ザ・シンプソンズ」「シュガー・ラッシュ」
キャラクター(声優):ラルフ(山寺宏一)、ヴァネロペ(諸星すみれ)、フィックス(花輪栄司、カルホーン軍曹(田村聖子)、シャンク(奈々緒)
上映場所全国の上映劇場
主題歌:「In This Place~2人のきずな」青山テルマ >>>歌詞カード

スポンサー広告