グルメ

秋の味覚、国産マツタケが豊作で半値で買える!



今年は秋の味覚マツタケが安いです!

秋の味覚、国産マツタケが半値!

秋の味覚、国産マツタケが今年は豊作で、価格が安いです。
主産地の長野県などで夏場以降マツタケの生育に適した天候が続いたため、
市場での取扱量が前年比で4割増加し、卸値が5割ほど安い産地もあったそうです。

一方、比較的安価な輸入品は前年と比べ値上がり傾向で、数量も減少しています。
依然高価で庶民の口にはなかなか入りませんが、
多少でも手が届きやすいのは嬉しいですね。

マツタケの卸値は?

8~9月の東京都中央卸売市場での国産マツタケの取扱量は
約4トンと前年の同時期より約1.2トン増えています。
卸値の平均価格は1キロ当たり3割ほど値下がりし、
特に全国有数のマツタケ生産地である長野県産は約2万5000円で5割安となりました。
岩手県産も約4万7000円で2割安かったそうです。

前年は国産品が少なく、400グラムで10万円するものもありましたが、
今年は高くても7万ほどのようです。


スポンサー広告

大丸東京店では、前年より価格は1~2割安く売れ行きも好調です。
広報担当者は「いつもより手に取る方や売り場に長くいる方も多い」と手応えを感じている様子。
イオンでも前年より売り上げが伸びているとのことです。

今年はマツタケ好条件の天候

マツタケの出来は天候に大きく左右されます。
マツタケだが生育するには気温が下がる9月にかけ適度な雨が降ることが条件ですが、
今年の雨の量や地面の温度がマツタケにとって好条件だったようです。

対照的に輸入品の価格は上がっています。
多くを占める中国産品の取扱量は前年同期比で2割ほど少なく、
価格も1キロ約7900円と1割ほど高かったとのことです。

林野庁によると、2017年に国内で消費されたマツタケの
9割以上が輸入品でその8割が中国産です。
国産に比べ割安ですが輸入品は年々減少傾向で、09年から半減しています。
マツタケの割高感から消費が減っていることが原因とみられています。

おわりに

今年のマツタケはめったにない豊作だそうです。
たまには贅沢するのもいいのではないでしょうか。


スポンサー広告