テレビ番組

ベッキーへのタイキックに批判殺到?ガキ使の演出はもう古い?

こんにちは、杏{あん}です!

大晦日の毎年恒例になったガキ使の絶対笑ってはいけないシリーズ、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんでSP 絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時」が2017年12月31日に放送されました。

2016年に引き続き俳優原田龍二さんが全力で変態仮面を熱演したり、大人気のムロツヨシさんがプレイヤーとして参戦したり、結局今回もケツバット最多回数は松本さんだったりと年末年始の笑い納めと笑い始めはいつも通りガキ使で済ませたわけなんですが、放送終了後からあるシーンに対して批判がSNS上であがっているそうなんです・・・

それが「ベッキー禊のタイキック」

このシーンの何が批判の的になっているのか調べてみました!

  1. ガキ使のベッキー登場シーン
  2. ムエタイ選手からタイキック
  3. SNSの声
  4. おわりに

<1.ガキ使のベッキー登場シーン>

田中さんに恒例のタイキックをお見舞いさせる仕掛け人として登場。

お見合い相手として趣味である自身のインスタを見せるという名目でどんどん田中さんの私物や車を無断使用したことを見せびらかしていきます。

ベッキーさん自身は仕掛けが成功して安心しきっていたところに真の仕掛け人、横澤夏子さんから逆ドッキリを仕掛けられることに・・・

なんと田中さんの母親と撮った写真のマグカップに「Becky THAI KICK」と書いてあることが判明。

これには仕掛け人のつもりだったベッキーさんも気づかなかったのでしょう。

 

<2.ムエタイ選手からタイキック>

いつもとは違う女性のムエタイ選手が登場してタイキックをお見舞いされることに!その名もベッキー禊のタイキック

禊というのはやっぱりゲス不倫問題についてなのでしょう。ベッキー自身は「もうスッキリしているんです!」と言っていましたがスッキリしていない視聴者に向けての禊ということなのでしょうか?

もう2年前?ずいぶん引っ張るんだなぁというのが個人的な印象です。

もうこれしかベッキーネタないんかな。今までも元気なだけだった気もしますが・・・

今回はアパ不倫として袴田吉彦さんも不倫仮面として振り切ったネタを披露しています。芸能人は自身のスキャンダルもネタに出来ないと生きていけない世界なのでしょうか。

<3.SNSの声>

批判だけでなく賛否両論って感じですね。一部抜粋してみました。

ベッキーが蹴りを入れられてるこの動画、蹴りの後で笑い声が上がってるけど何が面白いのか全く分からない。

ベッキーのあれは、本人が知らされてたか否かに関係なく、アウトだと思っている。怯える女性一人を大勢で追い詰めて、レ●プを想起させる。

ベッキーはダメだけど他は蹴られてもいいんですか? 文句言うならNHKだけ見てればよろしい。

不倫が発覚した時は、散々叩いたくせに、次は可哀想? 馬鹿じゃん。ベッキーだって美味しい話だから承諾したんだよ。

引用:Twitter

おわりに

今回は何も知らされていなかった(という設定の?)嫌がる女性をおさえつけて無理やりタイキックをした、という箇所が批判の的になっているようでした。

これをバラエティととるか芸能界特有の悪質なイジリととるかは視聴者の感性に任されているのだと思います。

一応田中さんにタイキックするのとは違う女性のムエタイ選手を用意していたことで痛みは違うでしょうし、第一本当に知らなかったベッキーに蹴りを入れるということはないでしょう。了承がないのに蹴ったりしたら訴えられてしまうかもしれませんしね。

ただ、他人が痛いことをされているのを見て笑う、という演出がもう古くなっているのかもしれません。いつものガキ使の時間ではなく、ゴールデンタイムで放送される大晦日のスペシャルは老若男女が観る番組としてゲストへの扱い方をいつも以上に慎重にしないとSNSなどですぐに批判されてしまいますね。