豆知識

コウノドリの吉田洋・藤崎奈々子が患ったチョコレートのう胞とは?

こんにちは、杏{あん}です!

今回は「チョコレートのう胞」という病気につい書いていきたいと思います。

詳しく説明しているサイトがたくさんありますので難しいことを知りたい方はそちらでお願いしますね。

今回は全く「チョコレートのう胞」について知らない方向けになります!

現在放送中の綾野剛さん主演のコウノドリで、助産師役の吉田洋さんがこの病気で手術を受けたので、そこでこの名前を聞いた方も多いかと思います。

そして今日、タレントの藤崎奈々子さんも同じ病気で手術を受けたことがニュースにあがりました。でも2015年の話。なぜ今話題になったのかは正直わかりませんが、この短い期間に「チョコレートのう胞」という単語を何度も聞いたので気になった方も多いのではないでしょうか。

  1. チョコレートのう胞とは?
  2. 原因は?対策は?
  3. おわりに

<1.チョコレートのう胞とは?>

一言でいうと、婦人科系の疾患です。子宮内膜症の一種になります。

子宮ではなく、卵巣内に病巣ができます。

チョコレートというお菓子の単語が入っているのでなぜか深刻な気がしませんが、実は放っておくと不妊症になったり卵巣がんのリスクがある怖い病気なのです。

チョコレートのような液状成分が卵巣内に溜まってしまうのがチョコレートのう胞ということになります。

このチョコレートのような液状というのは女性ならピンとくるかもしれませんが、生理の経血などの古くなった血液なのです。古くなり酸化してしまい黒くチョコレートのように見えることは女性ならイメージしやすいですよね?

<2.原因は?対策は?>

諸説あるのでハッキリとした原因はわかっていないそうです。子宮内膜症は女性ホルモンの影響が深く関わっているというのはわかっているみたいです。

月経周期の低温期に分泌されるエストロゲンによって悪化するので月経周期を正常化し生活習慣を整えることが対策のひとつになってきます。

野菜中心の食生活を心がけたり、なお大豆製品は大豆イソフラボンの効果が期待できるのでおススメです。

適度な運動も心がけましょう。昨今運動不足の女性が多いですよね、しっかりスポーツじゃなくても適度に歩いたりすることで余分な脂肪や冷え性も改善しいいことづくめなので是非取り入れてみましょう。

<3.おわりに>

月経時に強烈な腹痛があることで発覚することが多いチョコレートのう胞。

吉田洋さんも腹痛があるのに騙し騙し働いていたらある日一気に激痛に襲われましたよね。藤崎さんも「死を感じるレベルの腹痛」と語っています。

助産師役の吉田さんのように病院にいたり、藤崎さんのようにスタッフと一緒にいる場合はすぐに対処してもらえるでしょうが、家に一人きりだったら激痛で失神してしまった人もいるそうです。

そうならないためにも、少しでも月経時に異常を感じたりしたら婦人科へ検査に行ってみましょう。

異常がないと自分自身では思っていても、定期健診はなるべく受けた方がいいですね。バリバリ働いて忙しい女性や、小さい子がいるお母さんは難しいかもしれませんが、何とか時間をつくって自分の体と向き合っていくのがベストですから。何もなかったら「よかったね」で安心も出来ますしね!