テレビ番組

金曜ロードショー「時をかける少女」7月は細田守監督作品。8月はジブリで決まり!

休みの日の前夜は皆で映画を見て家族団らんという家庭は多いと思います。私の子どもの頃からの定番は金曜ロードショー(1985年~)と日曜洋画劇場(1966年~2017年)を見ることでした。残念ながら日曜洋画劇場(淀川長治の解説が大好きでした。)はなくなってしまいましたが、金曜ロードショーは健在です。

そんな金曜ロードショーは夏休みになると定番としてアニメを放送します。さらに金曜ロードショーといえば“ジブリ”というくらい、ジブリ映画が定番です。そのジブリは8月は必ずといっていいほど故・高畑勲監督の「ほたるの墓」が放映されていましたよね。

2018年夏の金曜ロードショーは細田守監督祭り?!

2018年の夏の特別企画はズバリ“細田守監督”と“ジブリ”です。その第1弾が7月20日(金)放送の細田守監督の「時をかける少女」となっています。7月は細田守監督の作品、8月はやっぱり「ジブリ祭り」です。

放送:日本テレビ系列
時間:21時00分~22時54分

【7月の放送】

  • 2018年7月20日:時をかける少女(2006年)細田守監督の原点
  • 2018年7月27日:バケモノの子(2015年)

【8月の放送】

  • 2018年8月10日:ハウルの動く城(2004年)
  • 2018年8月17日:となりのトトロ(1988年)
  • 2018年8月24日:猫の恩返し(2002年)「耳をすませば」のスピンオフ作品
  • 2018年8月31日:メアリと魔女の花(2017年)地上波初放送

なお金曜ロードショーオープニングテーマ曲も細田守監督のスタジオの地図が制作していて、同じく監督作の「時をかける少女」が放送される7月20日より放映されることになっています。

細田守監督の「未来のミライ」映画公開記念

この金曜ロードショーの細田守監督の作品スペシャルは7月20日公開の監督最新作「未来のミライ」を記念してのラインアップということ。

この「未来のミライ」は今年のカンヌ国際映画祭の「監督週間」の上映作に選出されていて、正式招待された作品です。1609本の応募の中から選ばれる20本の作品のうちの一つで、アニメ作品は「未来のミライ」ただ一つという快挙です。

またカンヌ映画祭のアニメ部門を独立させた世界最大規模のアニメーションの国際映画祭「アヌシー国際映画祭」にも長編アニメーション部門のコンペティション部門にノミネートされた作品です。

細田守監督「未来のミライ」映画情報

題名:未来のミライ 公式サイト「未来のミライ
監督:細田守「サマーウォーズ(2009年)」「おおかみこどもの雨と雪(2011年)
原作/脚本:細田守
主題歌:山下達郎「うたのきしゃ」
キャスト/声優
上白石萌歌、黒木華、星野源、麻生久美子、宮崎美子、役所広司、福山雅治
配給/放映
TOHOシネマズ >>> 上映場所と時間を探す