ニュース

「風の谷のナウシカ」が新作歌舞伎として舞台化!2019年12月公演が待ち遠しい

スポンサー広告

ジブリ作品でお馴染みの宮崎駿氏の代表作「風の谷のナウシカ」が日本の伝統観劇“歌舞伎”で舞台化されることになりました。
配役には、ナウシカ役に尾上菊之助氏皇女クシャナ役に中村七之助氏のほか、出演者には尾上松也氏坂東巳之助氏尾上右近氏など若手の名前があがっています。
また上演は「2019年12月」で、昼の部・夜の部で通し上演となっています。上演場所は新橋演舞場です。
通し上演:大作を全編通して上演すること。休憩を入れて3~4時間になることが多い。

あの「風の谷のナウシカ」の近未来的な世界観とスケールの大きさをどのように歌舞伎として舞台化するのかかなり興味があります。

新作歌舞伎「風の谷のナウシカ」概要情報

公演名:風の谷のナウシカ 歌舞伎人公演ホームページ
公演日時:2019年12月 昼の部/夜の部(通し上演)
公演場所:新橋演舞場(東京都中央区銀座)
原作:漫画「風の谷のナウシカ」宮崎駿作 全7巻59話(1982年)
脚本:丹羽圭子(ゲド戦記、借りぐらしのアリエッティ、コクリコ坂から、思い出のマーニー)
出演:尾上菊之助「下町ロケット(伊丹大)」「西郷どん(月照)」、中村七之助、尾上松也、坂東巳之助、尾上右近

原作「風の谷のナウシカ」:

最終戦争で滅びた高度産業文明社会から1000年後。人間は汚染された環境の中で巨大生物や有毒菌類が生息する荒廃した世界で暮らしている。その中で二大列強国と辺境国の“風の谷”で生きるナウシカが人と自然、文明との共存共生を模索し未来への選択をどうするのかが描かれている作品。
その中でナウシカは風の谷を収める族長ジルの娘(姫)として、クシャナは風の谷が同盟を組む二大列強国の1つトルメキアの第4皇女として登場する。

新作歌舞伎の「NARUTOナルト」や「ワンピース」と日本の漫画

今回の「風の谷のナウシカ」はジブリ作品として初めての歌舞伎となります(というか実写化?!)。ナウシカやクシャナの女性役を歌舞伎役者の男性が演じるということで、ある意味、芸術的なものになりそうで期待が持てます。

これまでも新作歌舞伎、スーパー歌舞伎として古典以外のざまざまな試みを行ってきている歌舞伎界ですが、その評価や人気は高く、

  • NARUTO-ナルト-(漫画)
  • ONE PIECE-ワンピース-(漫画)
  • あらしのよるに(絵本)
  • マハーバーラタ戦記(インドの神話)

など日本の漫画を題材にしたものや海外の原作を取り入れる等、日本はもとより日本の伝統文化として海外の人達にも人気の内容になっています。
「NARUTO」や「あらしのよるに」はその後もくり返し公演される人気の新作歌舞伎となりました。

歌舞伎は敷居が高そうなイメージから普通の観劇とは違って気軽に観にいこうということにはなりませんが、原作が漫画ならストーリーも分かりやすいし、なにより「漫画をどうやって歌舞伎に?」という興味から外国人ならずとも観てみたいものです。

「風の谷のナウシカ」の公演は2019年12月とまだ先になりますが、今からその内容が楽しみですね。

観てみよう!新作歌舞伎・歌舞伎情報

歌舞伎の総合情報サイト歌舞伎美人
このサイトでは公演の情報から歌舞伎の観劇の仕方、チケットの購入方法まで初心者にもわかりやすく歌舞伎について解説しています。

新作歌舞伎:NARUTO-ナルト-

最新公演日2019年6月公演決定 歌舞伎美人公演サイトNARUTO
公演場所:京都四條南座
出演:坂東巳之助、中村隼人

新作歌舞伎:ONE PIECE-ワンピース-

最終公演日:2018年5月3日~27日(名古屋御園座)
特設ホームページ:http://www.onepiece-kabuki.com/
出演:市川猿之助、市川右團次、坂東巳之助、中村隼人

 

スポンサー広告