おでかけ

木村伊兵衛が見たパリ - 「パリ残像」写真展開催

写真展「木村伊兵衛 パリ残像」が10月24日、日本橋三越本店新館(中央区日本橋室町1)7階で始まりました。

1954(昭和29)年に初めて念願のヨーロッパ取材がかなった木村伊兵衛(きむら・いへい1901~1974)が、それから2年間にわたり撮りためた写真作品の中から、往時のパリの魅力を描いたカラー写真作品約131点が展示されています。

「和製ブレッソン」と呼ばれた木村伊兵衛

木村伊兵衛とは、戦前、戦後を通じて日本の写真界の発展に対する大きな貢献と業績を残した写真家でした。

その木村が1954年、戦後まもなく海外渡航が厳しいなか、ライカカメラと国産カラーフィルム(開発されて間もないフジカラーフィルム)を携えて、念願のヨーロッパ取材を果たしました。

そこで20世紀を代表するフランスの写真家、アンリ・カルティエ=ブレッソン に出会い、フランスのファッション・報道写真家として有名なロベール・ドアノー とも親しくなりました。

その中で生きたパリの町並みと下町の庶民のドラマに触れることになり、以後2年に渡り撮影を続けました。

半世紀を経てアルルの写真フェスティバルやパリ市庁舎などで紹介され、異色なカラー表現がされたパリの写真作品は、改めて国際的な評価を受けるようになりました。

生きる人々の日常を、自然な形で切り取っている作風を世界的なスナップ写真の名手・アンリ・カルティエ=ブレッソンになぞらえられて、木村は「和製ブレッソン」と呼ばれることがありました。

木村伊兵衛のルーツは東京下町にあった

木村伊兵衛は東京下谷(したや)に1901年12月12日に生まれ、13歳ころから写真撮影に親しむようになりました。

1919年に東京・本郷の京華(けいか)商業学校を卒業し、翌年、台湾・台南市の砂糖問屋に入社しました。

勤務のかたわら同地の写真館に出入りし、営業写真の技術を習得した後、22年に帰京し、24年東京・日暮里(にっぽり)で写真館を開業しました。

そのころ、アマチュア・カメラクラブ、並木写友会に入会し、海外の写真集を研究しはじめていました。

35ミリ判のライカA型でスナップ撮影の名手となる

その後、写真館を廃業し、30年に花王石鹸長瀬商会広告部に嘱託入社(33年まで勤務)し、同年に登場したばかりの小型カメラのライカA型を購入し、35ミリ判による撮影に集中しはじめました。

33年に個展「ライカによる文芸家肖像写真展」(紀伊國屋、東京・銀座)を開催し、小型カメラの速写性を活かしてモデルの一瞬の表情を細やかにとらえた人物写真の連作を発表し、高い評価を得るようになります。

この個展が大きな転機となり、木村伊兵衛は小型カメラによるスナップ撮影の名手として、1930年代から70年代初めまで第一線で活躍しました。

1950年代以降、カメラ雑誌を中心に女性のポートレート、東京の下町、歌舞伎舞台のスナップ、ヨーロッパ外遊記、さらに、東北・秋田の人々の暮らしや東京などの都会の路上でのスナップ撮影で高い評価を受け続けました。

木村伊兵衛写真賞は写真家の登竜門

木村伊兵衛は74年に心筋梗塞のため72歳で亡くなりましたが、その業績を記念して、翌年の1975年に木村伊兵衛賞(朝日新聞社主催)が設立され,日本の写真家の登竜門となりました。

現在活躍している多くの写真家はこの「写真界の芥川賞」と呼ばれる木村伊兵衛写真賞の受賞者です。

歴代の木村伊兵衛写真賞の受賞者は>>> 「木村伊兵衛写真賞受賞者

写真上手になるためのアドバイス

木村伊兵衛はプロから初心者までに、上手に写真をとる方法を伝授しています。

木村先生曰く『いつでもカメラを手から離さずにいる事が大事だ』とのアドバイスでした。

皆が撮影機能を持ったスマホや携帯電話を持ち歩いている現在、まさに我々は『いつでもカメラを手から離さずにいる』訳ですね!

残るは、写す人のセンスの問題だけのようです。

写真展「木村伊兵衛 パリ残像」概要

構成:Ⅰパリの街角、Ⅱ素顔のパリっ子、Ⅲ安らぐパリ、Ⅳ華やぐパリ
会期:2018年10月24日~11月5日
会場:日本橋三越本店 新館7階催物会場
住所:東京都中央区日本橋室町1-4-1
電話:03-3241-3311
開館時間:10:00~19:00(最終日〜18:00)
観覧料:一般・大学生 800円 / 中高生 600円 / 小学生以下無料
アクセス:銀座線・半蔵門線三越前駅徒歩1分
URL:https://www.mitsukoshi.mistore.jp/nihombashi/event_calendar/kimuraihei.html