生活

猛暑で救急搬送者続出。。。熱中症対策はこれだ!

こんにちは!
連日ものすごい暑さですね~
岐阜県多治見市で40度を越えるなど、列島各地で観測史上最高気温を記録。
例年以上の猛暑になっています。

熱中症の猛威

総務省消防庁の速報によりますと、
7/9~15日の1週間に熱中症のため全国の9956人が搬送!12人の方が亡くなっています。

危ないのは炎天下での長時間の仕事や激しい運動だけではありません。
パジャマを着て布団を掛けて寝たお年寄りが、明け方に熱中症でなくなったり、
庭など日なたで2時間ほどの仕事をして風呂に入り、お酒を飲んだ時点で熱中症になった人もいます。

高校野球の観戦でも。。。

夏と言えば高校野球!
。。。なのですが、8/5からの甲子園大会開幕を前に、予選の時点で救急搬送者が続出しています。

7/15には、群馬県高崎市で観戦中の小学生から50代の男女11人が病院に搬送。
7/18には、岐阜県の大野レインボースタジアムで、女子高生6人が手足のしびれを訴えて搬送。
7/19には、熊本市の藤崎台県営野球場で、観戦中の10代の男女34人が熱中症の疑いで病院に搬送。

見てのとおり、選手でなく観戦に来ている方が搬送されています。
選手はもちろん熱中症対策はしていると思いますが、見る方も対策が必要ということですね。

夏の強い味方エアコン!

暑さにはエアコンですね!
この暑さで予約が殺到して、前年の30%以上売れているとのことです。
でも、在庫はそれなりにあるのですが、設置工事が間に合っておらず、
今買っても7月中の設置は難しいとのことです。。。

本来、エアコンを買うなら春がベストです。
秋冬に新モデルが出て、冬の暖房シーズが過ぎれば、春には安く買えます。
ゴールデンウィーク中に試運転して調子が悪ければ買い替えもできます。

ただ、この暑さでエアコンが無かったり故障してたら、とても来年まで待てませんね。
今すぐ買うことをお勧めします。
8月まで待てない!という方は、製品だけを買って、工事は別の業者に依頼するのも手です。

熱中症対策3原則

熱中症対策の原則は「避暑」「水」「風」です!

まず「避暑」は基本中の基本ですね。
屋外では日なたを避け、日陰や冷房の効いた建物に逃げましょう。
屋内ではエアコンや扇風機を活用しましょう。
エアコンの付けっぱなしはあまり良くないですが、付けないよりは良いです。

次に「水」。コップ1杯の水をこまめに取りましょう。
汗をたくさんかくと塩分やミネラルが奪われてしまいますので、スポーツドリンクは特にお勧めです。
利尿作用のある緑茶やコーヒーでも飲まないよりは、飲んだ方が良いです。
あと、水は飲むだけでなく体にかけることも大切です。
体の表面の水が蒸発することで冷やすことができます。
常温の水でよいので、顔を洗ったり、タオルをぬらして首に巻くと効果的です。

最後に「風」です。体の皮膚に直接風を当てることが重要です。
うちわは扇子は常に携帯しましょう。
衣服は通気性のよい麻やウールなど天然素材が良いです。

おわりに

夏が暑いのは当たり前ですが、この暑さは身の危険を感じるレベルですね。。。
屋内外どこでも安全なところはありません。万全の対策をしましょう!