平昌五輪特集

女子フィギュア、ロシアのメドベージェワが骨折!五輪は間に合う?

こんにちは、杏{あん}です!

女子フィギュアスケートで今一番金メダルに近い!と言われているロシアのエフゲニア・メドベージェワ選手が右足を骨折したというショッキングなニュースが入ってきましたね。

(こちらの記事も合わせてどうぞ⇒メドベが日本人に好かれる理由)

2018年平昌冬季五輪の金メダル最有力と言われている彼女ですからその注目度は高くケガの具合や復帰時期などに関心が集まるでしょう。

  1. メドベージェワとは
  2. ケガの具合は?いつ競技に復帰出来るのか?
  3. おわりに

メドベージェワとは?

1999年11月19日生まれの18歳になったばかりのフィギュアスケート選手。

国籍はロシア。

2016年シーズンにジュニアからシニアに移行したばかりですが、ジュニア時代には敵なしの状態、シニアに移った年からグランプリファイナルに出場し、自己ベストを大きく更新し初出場ながら優勝している。

SP・FPと歴代の世界最高得点保持者で出場した全ての試合で優勝し、女子のシングル競技全てのレコードホルダーという可愛くて末恐ろしいティーン。

ケガの具合は?いつ競技に復帰出来るのか?

10月中旬から右足の甲部分に違和感を感じていて、10月中にはヒビが入っていることが判明していた模様。しかし痛み止めを飲んで10月のロシア杯・11月のNHK杯のグランプリシリーズ2戦を出場し、優勝。

足が痛くて万全の演技が出来なかっただろうに優勝してしまうなんて!圧倒的なスキルとメンタルの強さが女王たるゆえんなのでしょう。

ヒビの完治は1ヶ月程度とよくいわれています。安静にしていればもう少し早くよくなるかもしれません。メドベージェワはNHK杯後からギプスで固定しているようなので12月7日から始まるグランプリファイナルに出場できるかは正直微妙でしょう。

彼女自身は出場を望んでいるようですが、毎年ある大会より4年に一度の大会を優先させるのではないかと個人的には思っています。

きちんと安静にして完治させれば2018年2月のオリンピックには充分足の具合としては間に合うでしょうが、ギプスで固定していて思うように練習できなかった期間のブランクをどう取り戻していくかがカギになってくると思います。

まぁメドベはそんな心配をよそにまた素晴らしい演技を魅せてくれると思いますが・・・若くて勢いがあるときってもう怖いもんナシ!ですもんね。

おわりに

羽生結弦選手同様、しっかり治療に専念してオリンピックという大舞台で活躍して欲しいですね!

若いから!出場したいから!といって無理に練習、出場して故障するのが一番の懸念ですね。周りできちんと止めてくれる人はいるのでしょうか。

ヒビが入った状態で無理に出場して、優勝したからいいものの余計悪化していたら最後に泣くのはメドベージェワ本人なのでこれからの競技人生も考えて療養して欲しいです。

そして最高の演技でオリンピックでのメダル争いが観たいですね(*´∀`*)

追記 12月1日

グランプリファイナルはやはり欠場することが発表されました。

これで7番手だった宮原知子選手が繰り上がりますね。

日本勢からは宮原選手、樋口新葉選手、男子は宇野昌磨選手の10代トリオのグランプリファイナル出場が決まりました!

 

★平昌五輪特集記事が一覧ですぐわかる!こちらもご確認ください!

平昌五輪厳選まとめ記事一覧!