アーティスト

ジョンヒョンへの追悼文にイトゥク自身もうつ病に悩んだ過去があらわれる。

こんにちは、杏{あん}です!

ジョンヒョンがいない初めてのクリスマスですね。

天国の彼の元にもサンタさんはプレゼントを持って来てくれたでしょうか。

まだまだ下界は彼がいないことを嘆く声がやみません。

SUPER JUNIORのリーダー、イトゥクもその一人。

彼は今日、自身のインスタグラムにジョンヒョンに向けた追悼文を掲載しました。その内容と、彼自身も同じようにうつ病に苦しんだ過去について書いていきたいと思います。

  1. インスタにあげた追悼文
  2. 日本語訳
  3. イトゥクの過去
  4. おわりに

<1.インスタにあげた追悼文>

クリスマスケーキとともに。

イトゥクはジョンヒョンと同じ事務所で先輩後輩としてとても親しかったといいます。

..그 누구도 너를 잘안다고 말할수 없고 그 누구도 너랑 친해 모든걸 공유 했다고 말할수 있는 사람은 없을것이다 한 사람의 외로움이,분노가,슬픔이..표현할 길이 없어 마지막의 선택을 했는지 남은 사람들에게 무엇을 말하고 있는지 당분간 생각을 좀 많이 해봐야할거 같다 손잡아달라고 내밀던 손을 더 힘껏 끌어주지 못한 미안함에 더 가슴 시리고 연예인이기에 견뎌할무게라고 하기엔 너무나도 큰 무게였고 어느 한가지를 포기하기엔 많은 길을 걸어왔기에 이러지도 저러지도 못한 그 모습이 더 마음이 아플뿐입니다 보내기 전날 꿈에 찾아와 형 이 더 행복해야한다고 환희 웃고 간 모습이 아직도 눈에 선합니다 누구에게나 시련이나 아픔 고통들이 있지만 그 크기는 서로 잴수없는것이며 자기가 처한 상황에 느끼는 감정이 가장 힘들고 어려울수있을것입니다 저도 우울증을 심하게 겪으면서 살아숨쉬는것보다 죽는게 나을거 같다는 생각에 하루하루가 힘들었고 군대에선 그런나를 그저 쇼하는 모습으로 비춰졌을테고 그런 시선들이 더 힘들었고 그렇게 1년가까이 어렵고 힘든 시간을 견뎌냈고 이런상황을 겪겨봤기에 조금이라도 해소 할수 있는 아주 작은 탈출구가 있었더라면 조금은 나았을텐데…크리스마스라 크리스마스의 기적이라는 단어가 더 깊이 느껴집니다 앞으로 우리는 더 행복하게 살아가는게 중요하다 느껴집니다 모두 언제나 크리스마스 같은 특별한 하루하루 보내길 바랍니다

Lee teukさん(@xxteukxx)がシェアした投稿 –

<2.日本語訳>

日本語訳にしてくださっている方もいます。ご参考に。

<3.イトゥクの過去>

日本語訳でもわかるように、イトゥクはうつ病もちでした。

2014年、イトゥクはうつ病を患いながらの軍服務中に父と祖父母の死の知らせを受けました。

しかも無理心中&自殺。祖父母は重度の認知症で父親が看病していたそうで「両親は私が連れて逝く」と父親の遺書には書いてあったそうです。

これによりイトゥクのうつ病は悪化。父親は負債を50億も残していったそうです。服役後がむしゃらに働いてなんとか返済しているそうです。

現在は好転してグループ活動など精力的におこなっています。

<4.おわりに>

自身もうつ病を患っていたからこそ、かわいい後輩が乗り越えられなかったこと、手を差し伸べてあげられなかったことが悔やまれるのでしょう。

お兄さん、と慕っていた弟の死をきっかけにイトゥクは、毎日をクリスマスの特別な日のように幸せを感じながら生きていくことが重要と語っている。

それはもちろん私たちにもあてはめられるでしょう。

何気ない一日、楽しい一日、辛い一日・・・いろいろな日があるけれど一瞬一瞬に幸せをみつけ生きていけたらいいですね。

そうすれば今回のような悲しいニュースが減るのかもしれませんね。

※こちらも合わせて読まれています※

ジョンヒョンの練炭自殺の理由は?

ジョンヒョンは臓器提供する意思があった?姉に残した遺産のウワサ

ジョンヒョン弔問場所のアサン病院の場所や行き方

ジョンヒョンの遺書全文公開。託されたウワサの彼女

ジョンヒョンが送っていたSOSのサインとは

ジョンヒョンが残した幻の新曲「幻想痛」とは

ジョンヒョン騒動後に広がるウェルテル効果とは