スポーツ選手

ドラフト会議開催!指名1位は?注目の根尾/藤原/小園/吉田選手の行方は?

あの甲子園大会から2カ月経った10月25日にドラフト会議が開催されました。
気になる選手はどの球団に行くのでしょうか?

各球団の1位指名選手

各球団のドラフト会議1位指名選手と交渉権獲得選手は以下のとおりです。

・楽天     藤原×→辰巳涼介外野手(立命大)
・阪神     藤原×→辰巳×→近本光司外野手(大阪ガス)
・ロッテ    藤原恭大外野手(大阪桐蔭高)
・中日     根尾昴内野手(大阪桐蔭高)
・オリックス  小園×→太田椋内野手(奈良・天理高)
・DeNA     小園×→上茶谷大河投手(東洋大)
・日本ハム   根尾×→吉田輝星投手(金足農高)
・巨人     根尾×→辰巳×→高橋優貴投手(八戸学院大)
・ソフトバンク 小園×→辰巳×→甲斐野央投手(東洋大)
・ヤクルト   根尾×→上茶谷×→清水昇投手(国学院大)
・西部     松本航投手(日体大)
・広島     小園海斗内野手(報徳学園高)

注目の選手について見ていきましょう。

根尾選手は相思相愛の中日

今ドラフトの目玉の1人、大阪桐蔭高・根尾昴内野手の交渉権は、中日が獲得しました。
投手としても逸材で甲子園春夏連覇に貢献した根尾選手には、
中日、巨人、日本ハム、ヤクルトの4球団が競合して、
最初にくじを引いた与田剛新監督が強運ぶりを見せました。

実は、根尾選手の実家は岐阜県飛騨市で、中日の本拠地・愛知は隣県です。
子どものころから中日ファンで、初めて買ったグラブは当時のエース・川上憲伸選手モデル。
また、福留選手、荒木選手、井端選手のTシャツやリストバンドを買っていたという筋金入りです。

ドラフトで指名された後の第一声で早くも入団を宣言したとのこと。
好きな球団には入れて良かったと思います。

イケメン藤原はロッテ。人気投票企画に意欲

根尾選手と同じ大阪桐蔭高の藤原恭大外野手はロッテが3球団競合を制し、
交渉権を獲得しました。
大阪桐蔭から指名された4選手の中でも、イケメン度は藤原選手が断トツです。

ロッテといえば、バレンタインデーの「あなたがチョコを渡したい選手」や
「イケメン5」などのファン投票企画で有名ですが、ここに藤原選手が加入することになります。
藤原選手は「人気になれればいいと思う。
ロッテファンさんを盛り上げられるよう頑張りたいと思います」と意欲的です。

高校とは違って、プロはファンサービスも重要です。
ドラフト直後にプロを意識しての発言はすごいと思います。
実力だけでなく人気にも期待がかかりますね

小園選手獲得で日本シリーズ前哨戦は広島勝利

報徳学園・小園海斗内野手に、根尾と並ぶ最多の4球団の1位指名が重複して、
抽選で広島が引き当てました。

小園選手は4球団の指名にびっくりしたそうです。
広島にも好感を持っているようなので、入団すると思います。

小園選手はもともと高校ナンバーワンの遊撃手の呼び声が高く、
外野の芝生に足がかかるくらい深い守備位置を取り、
強肩を生かした矢のような送球が売り物です。
自分の肩に相当な自信がないと、あの守備位置は取れないそうです。

なお、小園選手を指名した4球団の中には、
広島の日本シリーズの相手のソフトバンクがいました。
ちょうど、日本シリーズの”前哨戦”となりましたが、広島の勝利ですね。
ただ、昨年もソフトバンクはドラフト1位の抽選を外しましたが、
日本シリーズでは勝って日本一になっています。
ソフトバンクがドラフトのあだを返せるか注目ですね。

日本ハムの戦略勝ちで吉田選手獲得

金足農の吉田投手は、日本ハムが1位指名で交渉権を獲得しました。

1位指名の最初の抽選では大坂桐蔭高・根尾選手を4球団競合の末に外しましたが、
外れ1位で今夏甲子園の準優勝投手である吉田投手を”一本釣り”。
他球団の動向を読み切った上で、今年一番のスター選手をゲットしました。
今ドラフトでは1位指名が極端に野手へ偏り、
投手も大学生の即戦力優先になると読み切っていたようです。ものすごい読みですね。

さらに2位以下でも、今夏甲子園を沸かせたスターを”乱獲”しています。
まず昨年の甲子園優勝校・花咲徳栄の主砲で、
今夏も2本塁打を放った野村佑希内野手を2位指名。
4位では横浜高の主砲、万波中正外野手の交渉権を得ています。
極めつけは、5位で甲子園優勝投手の大坂桐蔭・柿木蓮投手を指名。

これはもう高校野球のスター軍団です。
注目度はがぜん高まり、キャンプや試合などマスコミやファンが大勢見に来ると思います。
選手には緊張感を持ち、モチベーションも生まれますね。

おわりに

甲子園の盛り上がりそのままにドラフトもすごく注目が集まりました。
球団も選手も、強さだけでなくファンの事も考えるプロ意識が印象的でした。
日本シリーズ真っ最中ですが、来年のプロ野球も期待します!