便利アイテム

クラウドファンディングとソーシャルレンディングの違いと主なサービスまとめ

主に個人が、株式とかでの資金調達ではなく、もう少し小規模で、数多くの個人から資金を募る仕組みをクラウド・ファンディングといいます。

ネットの普及やSNSの発展により、今では結構な数のクラウド・ファンディングサイトが運営されるようになって来ています。

日本クラウドファンディング協会によると、国内の融資型クラウドファンディング市場は1500億円を突破しており、今後も増えていくと思います。

今回はクラウドファンディングの楽しみ方を考えてみることにします。

クラウドファンディングとソーシャルレンディングの違い

さて、多くの個人投資家から必要な資金を調達するという意味では、ソーシャルレンディングという言葉もありますが、どう違うのでしょうか。

ソーシャルレンディングは、ソーシャル(広く社会的の意)から募ったお金でレンディング(貸付)を行うという意味です。

プロジェクトを立ち上げた人または会社に貸付を行い、そのプロジェクトの利益から、出資した人にリターンを返すため、投資の要素が強いですよね。

一方、クラウドファンディングにもさまざまな種別があり、出資者に製品やサービスをリターンとして返すものから、出資金に応じて利益の一部を分配するものまであります。

後者は融資型(貸付型)クラウドファンディングと呼ばれ、これがソーシャルレンディングと同じだといえます。

クラウドファンディングの一部が、融資型(貸付型)クラウドファンディングであり、ソーシャルレンディングだというわけですね。

購入型クラウドファンディングの楽しみ方と注意点

さて、今回は投資色の少ない、購入型のクラウドファンディングをご紹介してみようと思います。

購入型とは、「こういう商品を作りたい!」「こんなことを実現したい!」という目的に賛同して出資してくれた人に対して、その製品やお礼の品を返す形のクラウドファンディングです。

中には、「私の代わりにこれを実現してほしい!」といった出資者が寄付を行う形のプロジェクトもあります。

私もよく、クラウドファンディングサイトを訪問するのですが、おもしろい商品が多いですよね。

 

今までは、ロットがある程度大きい商品でなければ、なかなか世の中には出てきませんでした。

どんなにいいアイディアだったとしても、マーケットとしてある程度大きく、利益を生み続けることが予想できなければ市場に出されなかったからです。

しかし、クラウドファンディングによって、小ロットの商品でも出せるようになったことは大きいと思います。

また、地方再生的な事業や、世界への貢献など、社会的な貢献度の高いプロジェクトも多く、そういったプロジェクトを、「出資」や「寄付」によって気軽に応援できるのはいいですよね。

 

だた、ちょっと気をつけたいのは、必ずしも成功するプロジェクトばかりでは無いということです。

賛同者が少なくて、目標の金額に達しなければ返金されることもありますし、目標の出資金額に届いても、必ずしもプロジェクトが成功するわけでもありません。

そういう場合は、出資時に約束していたお礼も送られてこないこともありえます。

そんなことにならないように、応援する側も、プロジェクトの運営者をよく吟味する必要があります。

まぁ、でも、個人的には、賛同するする趣旨のプロジェクトであれば、ほんとに寄付するつもりで出資し、応援するというのも参加の仕方のひとつだと思っています。

購入型クラウドファンディングを楽しめるサイト

CAMPFIRE

案件の掲載数も多く、支援資金の総額も大きい、日本でも最大級のクラウドファンディングのサイトです。

有名人のプロジェクトも多いですし、はじめて支援するにはもってこいのサイトです。

 

Ready for

2011年に日本で初めてサービスを開始した、日本におけるクラウドファンディングの草分け的サイトです。

支援金額も多く、社会的な支援プロジェクトの割合も多いサイトですね。

 

FAAVO

FAAVOのプロジェクトは、地方や地域を盛り上げることに特化しています。

1つの町ではなかなかアピールから資金集めまでを行うのは大変ですが、このプラットフォームを使うことで、全国の人に町の取り組みを知ってもらうこともできますよね。

あなたの生れた地域でも頑張っている人がいます。ちょっとのぞいて、応援してみてください。

 

Makuake

Makuakeは、製品の掲載が多いです。

世の中を変えるようなアイデアの商品がたくさん掲載されていて、わくわくしますよ!

 

GREEN FUNDING by T-SITE

GreenFundingも製品の掲載が多いです。Makuakeも一緒にみて、これは!というプロジェクトを支援すると楽しいと思います。