クロスステッチ

ピンキングはさみでほつれ止め ~ クロスステッチ裏技

スポンサー広告

クロスステッチを刺す前の準備として、ほつれ止めのために、布のまわりをザクザクとをしつけ糸等でかがることを紹介しました。

が、少々手抜きではありますが、ピンキングはさみを使ってほつれ止めができます。

ピンキングはさみとは、俗に言うギザギザはさみのことです。

山のピッチは3~7mmぐらいで、数種類あります。

クロスステッチの布に使うのは、標準的場5mm位が良いでしょう。


また、ギザギザの部分が丸型のもあります。

このはさみは、飾り裁ちやほつれ止めの為のものですから、織り目の詰まった生地やフェルトなどを扱うときはとても便利ですが、あえて手抜きと表現したのは、クロスステッチに使う布にはあまり適さないからです。

欠点あるからです。

クロスステッチに使う布は織り目が粗くため、ほつれやすくなっています。

ピンキングはさみで裁っても、山の部分はどうしてもほつれてしまします。

そのほつれた糸が部屋に散らばったり、身体についたりします。また、その糸くずがとても小さいので、結構始末が面倒です。

覚悟の上で使ってください。

スポンサー広告