クロスステッチ

スレッド・ソーター ~ クロスステッチの糸の整理

スポンサー広告

クロスステッチで多色で作品を刺していく場合、色々な糸が混じり合わないように管理しなければなりません。

刺繍糸は、同じ色の種類でも微妙なグラデーションになっていたりします。

そのために、スレッド・ソーターを使います。

クロスステッチのキットの中には、スレッド・ソーターが付いていることが多いようですし、ソーターだけも市販されています。

簡単に作りこともできます。

厚紙を適当な短冊型に切り、等間隔に穴あけパンチで穴をあけるだけです。

このシートを使って、糸の整理をします。

ピンクッションを刺すためには、5色の糸を使います。

この5色の糸を使う量だけカセから切り、このシートにセットします。

この時に、色記号と色番号を書き添えておきましょう。

これで、この記号の時はこの糸と特定できますし、糸が足りなくなった時、補う色番号がわかるのでとても便利です。

いま。左の穴に糸をセットしていますが、使いかけの糸を右の穴に休ませておくことができますので、無駄なく糸を使うことができます。

スポンサー広告