クロスステッチ

クロスステッチの糸

スポンサー広告

刺繍糸には色々な種類があり、綿糸、ウール糸、麻糸などがあります。また、25番、8番、5番など糸の太さに番手の数字がつけられています。番手の数字が大きいと糸は細く、番手の数字が小さくなるにつれ、糸の太さが太くなります。

糸の種類、太さは使用する布や図案によって使い分けるようにしましょう。

一般的な刺繍に使用する糸は「25番刺繍糸」が多く、クロスステッチのこの太さの糸が扱いやすいでしょう。

また、色数も豊富で、さまざまな図案の表現ができます。 

糸は、6本の糸が撚り合され、カセ(約8m)になって販売されています。

この撚り合された6本の糸の束を、使いやすい長さ(80cm~1m位)に切り、その束から図案や、布目の細かさなどにあわせて、1本どり、2本どり、3本どりと必要な本数を引き抜いて使用します。

糸には、メーカー名、色番号が付いています。とても大切なものですので、大事に保管して下さい。

比較的、入手しやすい刺繍糸(25番)

・DMC     約470色

・ANCHOR  約460色

・Cosmo    約430色

・Olympus  約420色

などがあります。

スポンサー広告