クロスステッチ

Eva Rosenstand(エヴァ・ローゼンスタンド)~ クロスステッチ・キット

スポンサー広告

Eva Rosenstand(エヴァ・ローゼンスタンド)というメーカーがありました。

一番のお気に入りのメーカーでした。

エヴァ・ローゼンスタンドの前身は、デンマークのコペンハーゲンで1890年頃、にクララ・ワーバーが姉とともに開店した刺繍材料店が始まりのようです。

この店で、クロスステッチ刺繍の材料や図案の販売はもちろんのこと、刺繍技術を若い女性たちに教えることにより、当時の女性が仕事に従事できるよう援助をしていました。

図案は、クララ・ワーバーのデザインのだけではなく、デンマークの様々なアーティストから提供を受け、時代と共に経営陣が変わりながらも50年以上続きました。

そして、1958年にエヴァ・ローゼンスタンドとして設立されました。

自然を取り入れたとても古典的な美しいモチーフのデザインが多くあります。

とても残念な事に、17~8年前、エヴァ・ローゼンスタンドは廃業してしまいました。そして、版権はPermin of Copenhagenが引き継がれ、1つのブランドとして現在輸入されています。

エヴァ・ローゼンスタンドのキットはオリジナルの糸を使っていました(Old Evaと呼ばれています)が、Permin of Copenhagenが引き継いだ後はDMCの糸が使われています。

エヴァ・ローゼンスタンドの糸は色数は多くありませんが、とても風合いのある糸でしたので、残念です。

入手困難ではあるでしょうが、探せばまだ在庫をお持ちの方がいらっしゃるかもしれません。

パンジーのナプキンシリーズの一部

 

 

スポンサー広告