クロスステッチ

クロスステッチ枠

スポンサー広告

刺繍枠

一般に刺繍を刺す時は、布をぴんと張っておくために枠に挟みます。

クロスステッチを刺す時も同様に、枠を使いましょう。

特にクロスステッチ専用の枠があるわけではありません。また、必ずしも枠を使わなければならないようなことでもありませんが、クロスステッチを刺し進める時の糸を引く時の力加減がわかりやすくなり、でき上がりもきれいです。

輪が2重になって一組です。

サイズは、8cm前後から30cm前後まで各メーカーにより様々です。

2重の輪を外し、小さい輪の上に布をかぶせ、その上に大きいほうの輪を重ねはめ込みます。

布の厚みによって、はめにくい時は金具を回して調節します。

スポンサー広告