スポーツ

記念貨幣発行ラッシュ!記念貨幣の決定と製造について。

2年後に迫った2020年の東京五輪・パラリンピック。
それを記念した貨幣の製造が本格化しています。

記念貨幣発行ラッシュ

記念貨幣のデザインには、
小学生の投票で決まった大会のマスコット「ミライトワ」「ソメイティ」や、
初めて五輪競技に採用されたサーフィンやスケートボードなど、
若い人にも親しみやすい図柄が採用されています。

今回の記念貨幣は1万円金貨3種類や1000円銀貨12種類などの計37種類です。
11月に約800万枚発行、2019年7月、2020年の1月、7月の4回に分けての発行予定です。
2019年には、天皇陛下在位30年と新天皇陛下の即位でも、それぞれ記念貨幣が発行されます。
11月から2020年にかけては、記念貨幣の発行ラッシュですね。

記念貨幣の発行は誰が決める?

記念貨幣はお金としても使えますので、もちろん民間では発行できません。
一般の通常貨幣と合わせて、発行については「通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律」の
法律第五条で定められています。

第五条 貨幣の種類は、五百円、百円、五十円、十円、五円及び一円の六種類とする。
1.国家的な記念事業として閣議の決定を経て発行する貨幣の種類は、
  前項に規定する貨幣の種類のほか、一万円、五千円及び千円の三種類とする。
2.前項に規定する国家的な記念事業として発行する貨幣
  (以下この項及び第十条第一項において「記念貨幣」という。)
  の発行枚数は、記念貨幣ごとに政令で定める。

記念貨幣の発行は閣議によって決定されて、図柄や枚数は政令で定められます。
報道発表するのは財務省です。
財務省の今年2月の調査では、対象の約7割が記念貨幣に「関心がない」との回答でしたが、
財務省は「大会の盛り上げに一役買いたい」と、購買層の拡大を目指しています。

記念貨幣の製造

実際に記念貨幣を製造するのは、財務省管轄の独立行政法人造幣局で、
今年7月末から記念貨幣の製造を開始しています。
記念貨幣や通常貨幣は、大阪の造幣局本局、さいたま支局、広島支局の工場で製造していて、
工程の見学もできるとのことです。

造幣局によると、記念貨幣の製造は、通常貨幣に用いる
偽造防止技術の実証機会にもなっています。
例えば、今回の100円銅貨には、銅を白銅で挟み込む
「クラッド」と呼ばれる製法が使われているそうです。
通常貨幣は増えたり、デザインが変わったりして製造する機会がめったにありませんから、
記念貨幣で製造を経験して、技術を磨いておくということですね。

おわりに

日本で記念貨幣が初めて発行されたのは、奇しくも1964年の東京五輪で、
100円銀貨だけで約8000万枚製造されて、希望者が銀行に押し寄せる人気だったそうです。
今回も人気が出ると良いですね!