ニュース

なんと!可愛い当歳馬(0歳の仔馬)が2億9千万円で落札された!Select Sale2018

 

日本最大の競走馬のセリであるセレクトセール2018」(主催・日本競走馬協会)が7月9、10日、北海道苫小牧のノーザンホースパークで行われました。

そこで、将来の名馬と見込まれた0歳、1歳の仔馬たちが億単位の値で落札されていきました。

初日:1歳の仔馬達のオークション

初日の9日月曜日は1歳馬がセリの対象の日でした。最高落札額は2億5千万円(全ての落札額は税抜き)だと話題になりました。全ての仔馬たちにはまだ名前が無く、お母さんの名前と生まれた年で呼ばれています。

最高額で落札された仔馬は「キングスロズの2017」と呼ばれている男の子です。

お母さんは「王様の薔薇」という奇麗な名前の牝馬なのですね。しかし、名前は優美でも、強い母なのです。ママのキングスロズはニュージーランドの3歳牝馬チャンピオンだったのです。

また、パパは日本が世界に誇る名馬、ディープインパクトなのですから、怖いものなし。

「絶対日本ダービー(東京優駿)を勝つ!」と2億5千万円を支払ったダノックス社は信じていると思います。

株式会社ダノックス代表の野田順弘氏は「クラシックで活躍するような馬になってほしいですね」と抱負を率直に語っていました。

2日目:当歳馬(0歳の仔馬)はお母さんと一緒

当歳の仔馬たちは、まだ幼く、ママが付いていなくては不安になるため、オークション会場には親子で登場しました。

真剣な様子で自分を見つめる人間達を見渡しながら、落ち着かない様子でお母さん馬に寄り添う様子がとても可愛いのです。しかし、後ろの掲示板に点灯するセリ値には、なんと、2億9000万円が表示されました!

この最高値を付けられたのは「リアアントニアの2018(牡馬、父ディープインパクト)」でした。

競り落としたのは株式会社サトミホースカンパニーという会社でした。そのサトミホースカンパニーの会長、里見治氏は「他は買えなくてもいいくらい、この馬はどうしても欲しかった。満足しています。…… ダービーを狙いたい」と大いに喜んでいました。

この仔馬を競走馬に育てる任務に当たる池江調教師も同馬に期待を寄せており、「動きがしなやかで脚長。会長が目標にしているダービーにふさわしい馬です」とコメントし、既に3年後の日本ダービーに目標を定めているようです。

ホースマン達にとっては、やはりダービーは特別なレースなのですね。

史上最高の売上となった2日間

2日目の当歳馬セールの落札総額は82億5750万円でした。その結果、2日間の合計額は1998年の第1回以来、史上最高となる179億3200万円を売り上げることになり、大盛況のオークションとなりました。

今年の話題の馬主(うまぬし)は?

昨年は、テレビや新聞でも北島三郎さん所有の「キタサンブラック号」が大きな話題となりましたね。この名馬が勝つたびに「きたさん」が何回も生で「祭り」を歌いました。

キタサンブラックは2017年中央競馬会JRA賞の年間代表馬に選ばれましたが、北島オーナーの強い要望で、惜しまれながら、昨年レースから引退しました。

しかし、競馬界の大スターとして歴史に残るでしょう。また、既に、キタサンブラッックの仔馬達の誕生を待ち構えている人達も多いことでしょうね。

さて、今年のセリには歌謡界の大物が顔を出していたようです。

馬好きとしても有名な歌手の前川清さん(69)が2日目セレクトセールに来場したそうです。今回は馬主仲間3人との共同出資で「トゥザハピネスの2018(父ルーラーシップ)」を6600万円で競り落としました。

実は、2007年のヴィクトリアマイルで所有馬コイウタが優勝するなど、馬主としても実績は豊富な前川さんだそうです。

「今回は一人じゃなく友だちと一緒に楽しむ感じ。馬選びはお任せしました。ボクは失敗を痛いほど知っているので、とりあえず無事にデビューしてくれれば」と、少し謙虚な感想を述べていましたが、当然、オーナーとなった以上は大きな期待を抱いているはずです。

大問題に気付きました!

競馬の最終的な目標はレースに勝つことでしょうが、セレクトセールを覗いてみて、競馬の本当の「スタート」を見たような気がしました。

それでは、この2日間で高額で買われていった仔馬たちはどのように成長し、どのような活躍をするのか楽しみですね。

しかし、一つ大きな問題に気が付きました。この仔馬達がデビューする時は、自分の名前が付いているはずです。

今回売られていった「何々の2018」を応援したいと思っても、レースに出るときの名前はどうすれば分かるのでしょうか?

どうすれ分かるのか、北島さんか前川さんに聞いてみましょうか???