豆知識

日本人でも気軽に花を贈れる!クリスマスプレゼントにアートフラワー。

スポンサー広告

クリスマス直前になりました。クリスマスといえばプレゼントですね。
プレゼントにお花を添える方も多いと思いますが、
そのプレゼント用の花として、「造花」が注目を浴びています。

日本人は花の贈り下手

どの時代、どの国でもお祝いや記念日などに花を贈るのは定番ですね。
花自体に気持ちを込めたり、花言葉で意思を伝えたり、雰囲気を明るくしたりなど、
花の価値と魅力は高いです。

日本人が花をプレゼントするのは、「母の日」が最も多く、次いで誕生日や記念日です。
ですが、花を買ってもプレゼントよりも仏花や自宅に飾ったりすることの方が圧倒的に多いです。
日本人はせっかくの花の効果を利用することに慣れていないのかもしれません。

しかし、花を購入するときは、費用や日持ちなど経済的な面に関心が高いです。
よって、安価で効果的な花があれば、利用してみたいと思う人は多いはずです。

造花からアートフラワーへ

花といえば、普通は生花を思い浮かべると思います。
確かに、生花はプレゼントの王道なのですが、
生花に特殊な加工を施して色や形を長持ちさせる「ブリザーブドフラワー」や、
布などを使って作られた造花の「アートフラワー」を見かける機会が多くなってきました。

従来では、造花はチープなイメージがありましたが、
アートフラワーは退色しにくい素材を取り入れて、本物の生花のように繊細に作られています。
生花に近い質感を実現しながら、メッセージのプリントや、
リボンやラインストーンなどの組み合わせによって、生花ではできないデザインが施せます。

アートフラワーが進化したことによって、花をプレゼントするのに気後れしがちな日本人でも、
気軽にプレゼントできるようになると思います。

従来の造花と違って、例えばバラの場合は裏側にもベルベット素材を使用するなどして、
生花に近い質感を実現できます。
また、刺繍でメッセージなどを入れることもできます。

男性から女性へのプレゼントに

この点に注目して、アートフラワーのネット販売業者「メリアルーム」は
プロポーズ向けのギフトを生み出して急成長を続けています。
アートフラワーの優れた耐久性を生かして刺繍を施したりするなど、
いわゆる”サプライズ”要素を加えたギフト商品が、
女性の心を捉えたい男性の支持を集めています。

開業当初から男性顧客が増加したことから、男性向けに特化して、
現在では顧客の9割が男性ということです。
購入者の男性とプレゼントをもらう女性の双方から支持される花ギフトに成長しています。

おわりに

昔と違って、造花も急成長しているのですね。
クリスマスプレゼントにアートフラワーはいかがでしょうか。

スポンサー広告