ニュース

年末に0円タクシー登場!なぜ0円?利用方法や乗り心地は?

スポンサー広告

東京23区内であればどれだけ走っても、
運賃も高速料金もかからない「0円タクシー」が話題を呼んでいます。
どうやって乗れるのか、乗り心地はどうなのでしょうか。

なぜ「0円」なのか?

「0円タクシー」の企画は「ツキを招く月見そば」というキャッチコピーのもと
「日清のどん兵衛 天ぷらそば」にたまごを落として食べる
「月見そば」の食べ方を提案する日清と、
DeNAのタクシー配車アプリ「MOV(モブ)」のサービス開始に伴い運行された
「0円タクシー」のコラボレーションにより実現したものです。

今回は12月5日から31日までの期間限定で、配車は午前7時から午後10時までです。
車体や内装に日清食品のカップ麺「日清のどん兵衛」の広告を載せることで
運賃が無料になります。
さらに、26日から31日までは「日清のどん兵衛 天ぷらそば」がもらえます。

0円タクシーの利用方法

タクシーの台数は50台で、路上では止めることはできず、配車予約が必要です。
配車できるのは、中央区、千代田区、新宿区、渋谷区の中に限られます。
ちなみに、目的地が23区以外の場合には、通常通りの料金がかかります。

予約する方法は、まずスマホにタクシー配車アプリの「MOV」(モブ)をダウンロードして
アカウントを作成します。
そして、アプリの地図で現在地の周辺を走っているタクシーを探して、
配車予約をする仕組みです。

予約が完了すると、自身の位置情報がタクシー運転手へ送信されて、
アプリ画面に到着時間の目安が表示されます。
もし、居場所がわからない場合でも、アプリでメッセージをやりとりすることができます。

0円タクシーの乗り心地

タクシーの車内は、どん兵衛のロゴがプリントされているシートで、
設置されているモニターにはどん兵衛のCMが流れています。
音量は小さくてうるさくはないようです。

タクシーの中で、眠ったり、音楽を聴いたりなどして、
モニターの映像や音声を見なかったり聞かなかったりしても、
課金されることはないそうです。
つまり、普通のタクシーとほとんど変わらないということですね。

おわりに

午後10時までなので、残念ながら終電後とかは使えません。
でも、何かとお金を使う年末で0円は嬉しいです。
0円タクシー争奪戦が激しくなりそうですね。

スポンサー広告