ニュース

来年5月は天皇陛下譲位。GW10連休、新元号はどうなる?

来年2019年4月30日に天皇陛下が退位され、翌5月1日に皇太子さまが即位されます。
それに伴い、GWの連休や新元号について、いろいろな情報、予想が飛び交っていますが、
どうなるのでしょうか?

まずは、譲位の日程が決まるまでの経緯を見ていきましょう。

譲位の日程が決まるまで

発端は、2016年7月13日のNHKニュースでの天皇陛下の譲位の意向の報道でした。
この時は、宮内庁側は否定していましたが、
8月8日に天皇陛下が「譲位の意向をにじませる内容」のお気持ちを表明しました。

これを受けて、内閣官房に天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議が設置されて、
14回にわたる同会議の開催で有識者へのヒアリングなどの議論が行われ、
2017年4月21日に「上皇」「上皇后」の称号や宮内庁の組織の新設などの最終報告を行いました。

国会による事前協議や有識者会議の報告を受けて政府は
法案「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」を作成して国会に上程、
法案は2017年6月1日に衆議院議員運営委員会で審議され、翌2日に衆議院本会議を通過、
6月9日に参議院本会議で可決して成立、6月16日に公布されました。

法案成立後、2017年12月1日に開催された皇室会議で、
2019年5月1日の即位および新元号への改元とする意見となり、
12月8日に閣議決定、12月13日に公布されました。

2019年GWは10連休?

政府は、譲位に伴い、改元される5月1日を祝日か休日にする方向で検討しています。
「祝日」の場合は、前日と翌日も休みとなって、GWはなんと10連休となります。
「休日」の場合は、前後は平日のままですので、飛び石連休となりますが、
10連休にできないかを含めて検討しています。

5月1日を休みにすることで、元号を使ったシステムの改修など、
改元による国民生活への影響を最小限に抑える見込みがあるとのことです。

気になる新元号は?

新元号の公表日は決まっていませんが、改元の1カ月前の4月の公表が想定されています。

その新元号について、SNSや民間企業の予想アンケートなどで新元号予想が過熱しています。
通常、新元号の予想は「崩御を見越した不敬な行為」とされていますが、
今回は譲位ですので予想することは「タブー視」されにくいようです。

ソニー生命保険は今年3月に、全国の20~28歳の平成生まれ500人と
52~59歳の昭和生まれ500人に新元号の予想アンケートを行いました。
結果、トップテンは以下のとおりです。

1位 平和 47票
2位 和平 19票
3位 安久 17票
4位 未来 16票
5位 自由 11票
5位 新生 11票
7位 大成 10票
8位 羽生 9票
8位 希望 9票
10位 安泰 8票

平成は東日本大震災など天災が多いので、次の時代はそうならないよう、
「平」「和」「安」が入っている予想が多いと思います。
「羽生」を予想した方は、フィギュアスケートまたは将棋の「羽生」のファンの方でしょうか。
システム面を考えると、明治、大正、昭和、平成の頭文字のM・T・S・Hが頭文字になる新元号は
難しいのではないでしょうか。

おわりに

来年4月5月は、譲位、大型連休、新元号とビッグイベントですね。
今から楽しみです!