ニュース

2019年の祝日はどうなる?基本の祝日と最大10連休の可能性は5月1日次第



そろそろ来年のカレンダーや手帳を買い求める方が多くなる時期となりますね。2019年は元号が途中で変わってしまう上、新天皇のご即位に伴う祝日(休日)の結論が出ていないため各社、西暦表記ととりあえずの平日扱いとしています。「祝日は手書きで!」とまで言っているので知らなかった、ということがないようにしましょう。

気の早い人は5月のゴールデンウィークが10連休となると見込んでいるのでは?

2019年の5月の10連休は祝日次第

祝日は「祝日法」という法律で定められているため国会で法案が提出、審議され制定されます。

現在、皇室に関わる行事で決まっているものは、4月30日が御退位の日、5月1日が御即位の日、10月22日が即位礼正殿の儀(新天皇の即位を国内外に宣明する儀式)となっています。これらの日はまだ祝日としての法律は制定しておらず、12月の臨時国会で法案を提出する方針となっています。つまりまだ決まっていないということです。(会期末は12月10日)

これに先立ち11月13日に「即位10連休法案」が閣議決定され、今期国会で成立を目指すことが報じられています。なぜ10連休になるのかカレンダーをみると、

2019年4月27日(土)平日
2019年4月28日(日)休日
2019年4月29日(祝)昭和の日
2019年4月30日(火)ご退位の日(平日→休日)
2019年5月1日(水)ご即位の日(祝日?)
2019年5月2日(木)平日→休日
2019年5月3日(祝)憲法記念日
2019年5月4日(祝)みどりの日
2019年5月5日(祝)子どもの日
2019年5月6日(月)振替休日

仮に5月1日が祝日になれば、国民の祝日に関する法律により「国民の祝日」にはさまれた平日は休日となることから4月30日の平日、5月2日の平日はともに“休日”となります。また、国民の祝日が日曜日にかかる場合はその後の最も近い平日が休日となることから5月6日(月)は休日となります。


スポンサー広告

2019年のカレンダーにある基本の祝日は?

すでに法律で決まっている2019年の国民の祝日及び休日は18日あります。

1月1日(月/祝):元旦
1月14日(月/祝):成人の日
2月11日(月/祝):建国記念の日
3月21日(木/祝):春分の日
4月29日(月/祝):昭和の日
5月3日(金/祝):憲法記念日
5月4日(土/祝):みどりの日
5月5日(日/祝):子どもの日、5月6日(月):振替休日
7月15日(月/祝):海の日
8月11日(日/祝):山の日、8月12日(月):振替休日
9月16日(月/祝):敬老の日
9月23日(月/祝):秋分の日
10月14日(月/祝):体育の日
11月3日(日/祝):文化の日、11月4日(月):振替休日
11月23日(土/祝):勤労感謝の日

2019年の祝日の特徴

2019年は皇室関係の行事が多いため祝日法の「皇室慶弔行事に伴う休日」条項により、その年限りの祝日に関する法律が作られます。いちばん最近(といっても1993年)6月9日(水)に皇太子・皇太子徳仁親王の結婚の儀により祝日が設けられています。
また、1990年11月12日が現天皇陛下の「即位の礼正殿の儀」として祝日になっているため、2019年の10月22日も祝日になる可能性が高いです。

なお天皇誕生日はご即位以降、国民の祝日に規定されますが、皇太子殿下は2月23日が誕生日でご即位以前のため2019年の天皇誕生日はありません。

2019年2月24日は「天皇陛下在位30年記念式典」がありますが、過去に在位20年記念式典において祝日とする法案が提出されましたが衆議院の開催に伴い廃案となっています。そのため在位30年記念式典においてもその法案の提出はなされていないため、とくに祝日となることはないようです。

2019年から2020年にかけては日本では大きな行事やイベントか開催されて、祝日が追加されたり日にちの変更があったりします。その年限りというのは少々混乱しますが、休みの意味を知るのもいいかもしれませんね。Have a nice holidays!!


スポンサー広告