英語

2. Jingle BellsへのQuestions: ジングルベルはどんな鈴ですか?

スポンサー広告

年の瀬となると、毎日のように耳にするジングルベルについて、幾つか素朴な疑問を持ち、調べてきました。

今まで原文の歌詞を見て、歌に出てくるソリを引いているのは(トナカイではなく)一頭の馬だということが分かりました。さらにこの馬の種類について歌詞の1番が触れています。

3行目に「Bells on bob-tails ring」とあます。「bob-tailsに付けられた鈴が、馬の揺れによって鳴っている」という意味だと思いますが。この「ボブテイル」という言葉を聞いたことありますね。しかし、我々が知っているのは猫の種類です。古来より日本に住みついているJapanese Bob-tail Catは今や世界的に有名な猫種で、多くのキャットショーで表彰されています。しかし、ここでは馬のことを歌っているはずです。ではこのボブテイルという表現はどのような馬を指すのでしょうか?調べによりますと、猫や馬に関わらず、bob-tailは尻尾が短い動物の呼び名だそうです。ジャパニーズボッブキャットのように遺伝的に尻尾が短い動物を指す場合がありますが、ここでは、意図的に尻尾が短く切られた馬のことだと思われます。なぜならば、ソリや馬車を引く馬の尻尾が取り付け馬具に引っかからないように切られることが多いからです。

もう一つの疑問は、ジングルベルという名の鈴があるのだろうかというものでした。単語を調べますとjingle やjangleはアメリカでは金属が触れ合って出す「ちりん、ちりん」の擬声音でした。Jingle Bellsという種類の鈴が存在するのではなく、素直に「ジングルと鳴る鈴」ということを意味していたのでした。

この歌についていろいろと調べているうちに、最も大きな疑問が湧いてきてしまいました。この曲は代表的なクリスマスソングのはずなのに「クリスマス」や「イエスキリスト」や「聖母マリア」など、イエスキリストの降誕に関わる言葉が見当たりません!むしろ歌詞の2番以降は若者のデートやソリ競争の内容に発展してしまうのです!これはどういうことなのか、引き続き調べる必要があります。

 

 

スポンサー広告