英語

エレベーターの「0(Zero)」ボタンを押したらどこへ行くのでしょう?

スポンサー広告

以前紹介した失敗談で、英国でいう1st floorは、日本やアメリカでは2階と呼ぶフロアーだと分かりました。では、イギリスで地下の階は何と呼ばれているのでしょうか?地下の表示は地上のものに比べて、まだ日本やアメリカに近いようです。地下1階は「1st Basement, B1または-1」と表示され、その下は「2nd Basement, B2, -2」さらに「 3rd Basement,  B3, -3 」などと続くそうです。

再び地上に戻りたいと思いますが、我々にとっての1階でイギリス人がGround Floorと呼ぶ階に行きたい場合は、エレベーター(英国ではリフト)に乗ってどのボタンを押せば良いのでしょう?日本ならば「1F」を押しますが、英国では「0(Zero)またはG(Ground Floor)」で、米国では「1、GまたはL(Lobby)」の中から選ぶことになります。

ついでに、半地下の呼び方と数え方も調べてみましょう。日本では「半地下」を実質的にはその建物の1階と数える場合がほとんどです。地面や歩道より低いところにあっても、入口がある階を一階と呼びます。

また、日本は坂が多いので、ときどき歩道から直接ビルの玄関を入ってみたら、そこが二階だったという経験をしたことがあるかも知れません。坂の途中に建てられたビルの低いところに一階の入り口があり、反対側の高い方には二階のエントランスが設けられている場合があります。特に広い敷地に建つ大きなホテルにそのような建て方が見られます。

さて、日本では半地下にあってもそこを一階と呼ぶならば、外国はどうでしょう。イギリスでは「LG(Lower Ground)」でアメリカでは「LL(Lower Lobby)」とよび、あくまでも一階ではなく、その下の階としての扱いです。つまり、半地下の上の階が、英国ではGround Floorで米国ではLobby(First) Floorということになります。

最後に、中二階、メザニン(Mezzanine)について調べてみたのですが、扱い方はまちまちで、一つの階としては数えない場合が多いようです。日本では立派なメザニンが多くの百貨店やホテルなどで見かけます。しかし、歴史的にはmezzanineは一時的なものが多く、お城の大広間や倉庫の中の仮設されたスペースとしての存在だったようです。そのため、多くの国の建築基準では、総床面積の中に、中二階の面積を含めないようです。

ここで、以上の事実を考えますと、このような極端な現象が起こりうるのです。日本ので、「1階、M2階、3階」と数えた場合の最後の3階は、英国流で数えれば、「0階、数えないM階の次が1st Floor」となります。つまり、日本でいう3階がイギリスでは1階と呼ばれてしまう可能性があるのです!

一説によると、昔のヨーロッパでは、建物への課税がその階数で決まったため、「節税」のため、仮設可能な中二階が流行ったそうです。いわゆる「違法増築」としての苦肉の策だったのですね。

 

スポンサー広告